コンピュータにまつわる興味あるモノだけを扱う個人的なゆるいブログ。
by riye_tech_2004
ブログパーツ
検索
連絡先
pcnikki@gmail.com
※トラックバック送信元記事にこのブログhttp://pcnikki.exblog.jp/へのリンクが存在しない場合はトラックバックを受け付けません。ただし、エキサイトブログ同士のトラックバックには適用されません。



東京アメッシュ
GMAIL(SSL)
public: typedef Takel::Diary Observable;
スクイズ研究所
MobileBiz
Ken's Blog
眞鍋かをりのここだけの話


SonyEricsson
ノキア・ジャパン
NECわいわいモバイル
LGモバイル

TSUKUMOネットショップ
ASUS
EPSON Direct ショップ

ブログ口コミポータル話題のjp
八百万神社の杜
Windows Tipsホーム

ワールドビジネスサテライト
カテゴリ
以前の記事
Brew開発記~エミュレータ環境の問題~
サンプルソースをビルドするとまずこの画面(「メモリ容量を節約するためにこのアプリケーションはアンロードされました。新しいバージョンをダウンロードしてください。」)が出てしまう。
ソフィア・クレイドルのFAQによると、実行バイナリのディレクトリ構成が悪いとこのような画面が出るらしい。
もう少し気の利いたエラーメッセージを表示してもらいたいものだ。

VC(VisualC++6.0)でビルドすると、実行バイナリはDebugまたはReleaseディレクトリに出力される。
Brewのエミュレータはこのディレクトリ構成に対応していないようなので臨機応変にこちらで対応しなければならないようだ。
a0003824_16124784.jpg





解決方法は簡単だ。
実行バイナリの出力先を変えてやればいい。
メニューの”プロジェクト(P)”>”設定(S)”で設定ダイアログを開く。

a0003824_16245232.jpg
初期では、”出力ファイル(F)”が"Debug"となっている。
これはDebugディレクトリ内に実行バイナリを出力する設定だ。

a0003824_1628617.jpg
出力ファイルを空白にしてプロジェクトと同じディレクトリ階層に実行バイナリを出力するようにした。

ダイアログ左上の”設定の対象(S)”を見るとわかるが、”Win32 Debug”とある。
これはデバッグ版の実行バイナリのプロジェクト設定だ。
リリース版は設定を変えないようにして、デフォルトの”Release”ディレクトリに実行バイナリを吐く。

めでたしめでたし。

#エミュレータと設定ファイルのプロジェクト名が違うってつっこみは無しと言うことで。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2004-11-25 16:32 | Brew開発
<< フレッツモアIII47Mの使用感 JPNICより >>