コンピュータにまつわる興味あるモノだけを扱う個人的なゆるいブログ。
by riye_tech_2004
ブログパーツ
検索
連絡先
pcnikki@gmail.com
※トラックバック送信元記事にこのブログhttp://pcnikki.exblog.jp/へのリンクが存在しない場合はトラックバックを受け付けません。ただし、エキサイトブログ同士のトラックバックには適用されません。



東京アメッシュ
GMAIL(SSL)
public: typedef Takel::Diary Observable;
スクイズ研究所
MobileBiz
Ken's Blog
眞鍋かをりのここだけの話


SonyEricsson
ノキア・ジャパン
NECわいわいモバイル
LGモバイル

TSUKUMOネットショップ
ASUS
EPSON Direct ショップ

ブログ口コミポータル話題のjp
八百万神社の杜
Windows Tipsホーム

ワールドビジネスサテライト
カテゴリ
以前の記事
Celeron D購入
a0003824_3245273.jpg
新しいマザーはsoket478をチョイスしてたのでCPUは既存の録画マシンから移植するつもりだったが・・・。
「せっかく新しいマザーだしな~」
と思い、最近巷のクロックアップで話題のCeleron Dを衝動買いしてしまった・・・。
個人的には安定してなんぼのPCなので、クロックアップには興味は無いんだが。

a0003824_3284181.jpg
見た目はこんな感じ。
他のIntelCPUを見た目は変わらない。soket478だし。

購入したのは安価なCeleronD315で、動作クロックは2.26GHzだ。
Intelも導入したCPUナンバー(315)の名前がついている。

なんでCPUナンバーみたいなわかりにくい番号を導入したのか?
今後CPUの動作周波数であるクロックは上がり難くなっていく。
そうするとクロックが上がらない分、他の箇所での性能を上げて行き、旧製品との差別をする。
他の箇所の性能とは、FSB(Front Side Bus)周波数、1次キャッシュ容量、2次キャッシュ容量などだ。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2004-12-14 03:29 | 自宅マシン怒涛の記録
<< Vodafone 802SE ... P4R800-V Deluxe >>