コンピュータにまつわる興味あるモノだけを扱う個人的なゆるいブログ。
by riye_tech_2004
ブログパーツ
検索
連絡先
pcnikki@gmail.com
※トラックバック送信元記事にこのブログhttp://pcnikki.exblog.jp/へのリンクが存在しない場合はトラックバックを受け付けません。ただし、エキサイトブログ同士のトラックバックには適用されません。



東京アメッシュ
GMAIL(SSL)
public: typedef Takel::Diary Observable;
スクイズ研究所
MobileBiz
Ken's Blog
眞鍋かをりのここだけの話


SonyEricsson
ノキア・ジャパン
NECわいわいモバイル
LGモバイル

TSUKUMOネットショップ
ASUS
EPSON Direct ショップ

ブログ口コミポータル話題のjp
八百万神社の杜
Windows Tipsホーム

ワールドビジネスサテライト
カテゴリ
以前の記事
オープンソースなWEBアクセス解析ソフト BBClone
ネットを徘徊しているとオープンソースなWEBアクセス解析ソフトBBCloneを発見した。
phpベースなので最近のphp対応レンタルサーバーにも導入できる点がいい感じだ。
しかも多言語対応で日本語も対応しているのもうれしい。
肝心の解析結果のデモはこちらから見ることができる。
基本は押さえているのでちょっとした解析ならこれで十分ではないだろうか。

早速導入してみた。
ダウンロードはこちらから行う。
tarボール版とzip版があるが、Windowsを使用して自分のレンタルサーバーなどに置くにはzip形式をダウンロードしたほうがいいと思う。
Linuxではtarボールだろう。

インストールは意外と簡単だ。
1)zip形式でダウンロードした場合は、任意のファルダにアーカイブを解凍する。

2)解凍したら、"bbclone"と言うフォルダにファイルが展開される。

3)まずは設定ファイルをいじる。"bbclone\conf\config.php"ファイルをメモ帳などのテキストエディタで開く。
デフォルトは英語になっているので、日本語に変更する。
$BBC_LANGUAGE = "en";

$BBC_LANGUAGE = "ja";

とりあえずの設定はこれで終わり。

4)FTPソフトでbbcloneフォルダを丸ごとアップロードする。アップ場所は自分のサイトのルート(一番上の階層)だ。

5)アップロードしたらサイトにコピーした"bbclone\var"のフォルダ毎パーミッションを777に変更する。変更しないと解析結果が反映されない。これで設置は終わり。

6)解析したいページに解析スクリプト(赤字の箇所)を組み込む。
サイトの"index.html"などのbobyタグの最後の直前くらいに配置する。上に置くとサイトの表示が遅くなるので注意が必要だ。
<html>
<head>
<title>メインページ</title>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
</head>

<body bgcolor="#FFFFFF" text="#000000">

<?php
define("_BBC_PAGE_NAME", "mainpages");
define("_BBCLONE_DIR", "bbclone/");
define("COUNTER", _BBCLONE_DIR."mark_page.php");
if (is_readable(COUNTER)) include_once(COUNTER);
?>


</body>
</html>
"mainpages"は解析結果の表示されるサイトのページ名だ。日本語にしてもいいが文字によっては文字化けをしたのでアルファベットが無難だろう。
※exciteの仕様で半角の"<"と">"はタグ扱いされる都合のためサンプルは全角にしているので注意。

7)解析の確認は、"http://自分のサイト/bbclone/"で確認できる。

解析ページを他人に見られたくない場合はhtaccessなどをいじってパスワードを設定したりする。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2005-07-21 04:16 | ソフトウェア
<< エピソードIII~♪ goo RSSリーダー >>