コンピュータにまつわる興味あるモノだけを扱う個人的なゆるいブログ。
by riye_tech_2004
ブログパーツ
検索
連絡先
pcnikki@gmail.com
※トラックバック送信元記事にこのブログhttp://pcnikki.exblog.jp/へのリンクが存在しない場合はトラックバックを受け付けません。ただし、エキサイトブログ同士のトラックバックには適用されません。



東京アメッシュ
GMAIL(SSL)
public: typedef Takel::Diary Observable;
スクイズ研究所
MobileBiz
Ken's Blog
眞鍋かをりのここだけの話


SonyEricsson
ノキア・ジャパン
NECわいわいモバイル
LGモバイル

TSUKUMOネットショップ
ASUS
EPSON Direct ショップ

ブログ口コミポータル話題のjp
八百万神社の杜
Windows Tipsホーム

ワールドビジネスサテライト
カテゴリ
以前の記事
PC日記的ノートPC選び
a0003824_1162791.jpg生涯初購入のノートPCはNEC Lavie NX LB400
購入のテーマはWindowsNT4.0が動くこと。そのため購入の記入は限られました。
当時NT4.0がインストール可能なノートは珍しく、本体に貼られるシールも"Designed for WindowsNT4.0"と書かれてありました。
なぜNT4.0かと言えば、ソフト開発の際の信頼性が抜群だったからです。当時の普及はWindows95や98でしたので、アプリが不正な処理をしてOS毎道連れに落ちてしまうのは許されなかったのです。
その点NT4.0は不正な処理をしたアプリだけが落ちるので、安心して使用できるOSだったのです。その信頼性はWindows2000、XP、Vistaと受け継がれています。(←だんだん信頼性と軽さと言う品質が劣化しているけど)

プリインストールのOSはWindows98でしたので、自分の責任でOSの入れ替えを行う必要がありました。
しかしNECのサイトにはNT4.0のドライバをちゃんと用意しており、さすがNECと思いました。
その後Windows2000がリリースされ、そのドライバもしっかり用意してくれました。
さすがにXPについては標準のドライバで事足りたので、メーカーサポートも必要なく使用できました。

a0003824_18422217.jpg2代目のノート購入のテーマは軽くて薄いこと。そして値段が安いこと。
初代ノートのLavieは30万円オーバーの価格でしたので、さすがに2代目はそんなに予算をさいていいマシンを買うことに意味があるのか、と考えるようになりました。
移り変わりの激しいノートPCは一年もすればチープになってしまいます。
それなら安いノートを買って頻繁に乗り換えたほうがいいのではないかと思いました。

そこでチョイスしたのがSHARPのMebius MURAMASA PC-MT1-H5
リリース当時は20万オーバーの値段でしたが、1年落ちで14万ほどで購入しました。
購入当時は気持ちよく使っていましたが、開発ツールをインストールなどして使い込むほどに重くなりました。
CD-ROMドライブも付属していないほど、薄さにこだわったMebiusです。メモリの増設もできない始末。256MB以上にできないためWindowsXPには辛いスペックです。
しかもOSの再インストールにはCD-ROMかDVD-ROMドライブを購入しなければなりません。
あとあと薄さゆえの問題に直面しました。
今では電源オンして、ログオン完了まで5分かかります。
気の短い私は心臓が止まってしまうほどのストレスです(笑)

そして、いよいよ3代目導入の季節です。
3代目の購入テーマは持ち運びできるメインマシン。とにかく画面が広くて処理が速く軽く、そして価格が安いこと。
画面については最低でもSXGA(1280x1024)が必要です。できればそれ以上。
自宅はSXGAの液晶モニタを2台接続しているので、それ(2560x1024)に近いくらいが理想です。
現行のノートPCの最大画面はWUXGA(1920x1200)です。まずはそれを搭載した機種を中心に物色を開始しました。


a0003824_1515339.jpgさんざん悩んで決定したのがエプソンダイレクトのNJ5000Proです。
決定の理由は、インテルが今年リリースした比較的まともなCPU、Core2Duoを搭載している点、画面解像度がWUXGA(1920x1200)な点、このクラスでは比較的軽い重量が約3キロな点、外形寸法(幅×奥行き×高さ)がWUXGA搭載ノートな中で1番小さいこと、などです。

CPUがCore2Duoと言うのは外せません。また画面解像度がWUXGAのノートで重量が3キロは、私が調べた限りEPSONだけです。DELLやツクモやTWOTOPなどのWUXGAなノートは4キロと、1Kg差があります。また横幅もエプソンは4cmほど小さいのです。
また値段もBTO形式で不必要なものは排除でき、予算をコントロールできます。

残念な点はメモリの値段です。BTOでメモリを2GBにすると約+5万円になります。
色々調べると、メモリは最低の512MBにしておき、別途他の安売りメモリに換装したほうが安くあがりそうです。

こうして限りある予算を考慮してチョイスしたのがエプソンダイレクトなのです。
価格について言えば、他の同クラスのマシンが30万前後なので安いと思います。
他はハードの構成がし辛いのと、グラフィックカードに力を入れすぎているのでどうしても自分の描くバランス構成にはならないのでした。

つづく


動けLavie!死ぬなLavie!!~Lavieの詩~
Endeavor NJ5000Pro
価格COM Endeavor NJ5000Pro
蹴茶
シャープ、薄型モバイルノート「MURAMASA」をモデルチェンジ
インテル® 440MX チップセット
インテル® 945PM Express チップセット


[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-11-29 23:11 | 自宅マシン怒涛の記録
<< FreeBSD設定 FreeBSDキーマップの設定 >>