コンピュータにまつわる興味あるモノだけを扱う個人的なゆるいブログ。
by riye_tech_2004
ブログパーツ
検索
連絡先
pcnikki@gmail.com
※トラックバック送信元記事にこのブログhttp://pcnikki.exblog.jp/へのリンクが存在しない場合はトラックバックを受け付けません。ただし、エキサイトブログ同士のトラックバックには適用されません。



東京アメッシュ
GMAIL(SSL)
public: typedef Takel::Diary Observable;
スクイズ研究所
MobileBiz
Ken's Blog
眞鍋かをりのここだけの話


SonyEricsson
ノキア・ジャパン
NECわいわいモバイル
LGモバイル

TSUKUMOネットショップ
ASUS
EPSON Direct ショップ

ブログ口コミポータル話題のjp
八百万神社の杜
Windows Tipsホーム

ワールドビジネスサテライト
カテゴリ
以前の記事
VMWare Toolsで未対応の解像度に対応するTIPS
うちのノートは解像度がWUXGA(1920x1200)なのですが、VMWare5のVMWare ToolsをゲストOSにインストールしても、ゲストOSであるWindowsXPの画面のプロパティでWUXGAの項目がないため選択することができません。

せっかくの高解像度なのに、これでは宝の持ち腐れです。
色々試行錯誤をして解決策を発見しました。
最近のワイド系の液晶でゲストOSで画面のプロパティの解像度メニューに自分の液晶のがない場合に有効です。
ホストOSでは目的の解像度になっている必要があります。
a0003824_20281127.jpg
VMWare Workstation5のメニューより、編集(E)環境設定(R)を選択し、環境設定を開きます。
ディスプレイタブを選択し、ゲストの画面サイズを変更(U)にします。(デフォルトは、ホストの画面サイズを変更になっており、ゲストの画面がホストより狭い場合は引き伸ばして表示されます)

この設定をおこなったあと、とりあえずゲストをフルスクリーン表示にします。
するとゲストOSがWUXGAで表示されます。
その後ゲストの画面のプロパティを開くと、WUXGAの解像度が表示され選択できるようになっています。

12/25追記
上の説明で環境によってはうまく目的の解像度が表示されない場合がありました。
この場合は、一度目的の解像度より上の解像度を指定して適用すると、うまく行きました。





[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-12-19 07:50 | VMWareな日々
<< M702iS 激遅携帯SO902i >>