コンピュータにまつわる興味あるモノだけを扱う個人的なゆるいブログ。
by riye_tech_2004
ブログパーツ
検索
連絡先
pcnikki@gmail.com
※トラックバック送信元記事にこのブログhttp://pcnikki.exblog.jp/へのリンクが存在しない場合はトラックバックを受け付けません。ただし、エキサイトブログ同士のトラックバックには適用されません。



東京アメッシュ
GMAIL(SSL)
public: typedef Takel::Diary Observable;
スクイズ研究所
MobileBiz
Ken's Blog
眞鍋かをりのここだけの話


SonyEricsson
ノキア・ジャパン
NECわいわいモバイル
LGモバイル

TSUKUMOネットショップ
ASUS
EPSON Direct ショップ

ブログ口コミポータル話題のjp
八百万神社の杜
Windows Tipsホーム

ワールドビジネスサテライト
カテゴリ
以前の記事
デスクトップマシンの新調#2~OSについて~
注文時は、
OS:-- Windows Vista(R) Home Premium 正規版(日本語版)
にしました。
ですが、Vista 32ビット版なので動作確認後消去しました。

久しぶりのデスクトップPCと言うことで、PC日記流にカスタマイズします。
OSは下記の4種インストールしました。
・WindowsXP Pro(32ビット版)
・WindowsXP Pro(64ビット版)
・WindowsVista Ultimate(32ビット版)
・WindowsVista Enterprise(64ビット版)
4種のOSを1台のPCに安全にインストールするには、ちょっとコツがあるのですがこの話題は後日しようと思います。

さてせっかくの64ビットCPUであるCore2Duoをチョイスしたので、64ビット化したい思いがあります。
今回VMWareを激しく活用する目的もあり、メモリは4GBにしました。
ちょうどタイミング的に安い時期でもあったのよかったです。
メモリ:-- 4GB(1GB x4) デュアルチャネル DDR2-SDRAMメモリ、3/25から28,350円値下げしました。大容量でマルチタスク処理にも優れたパフォーマンス !

ところで32ビットOSはビット長が32ビットしかありませんので、アドレス空間は4GBが上限です。
が、マザーボートのI/Oポートがこの4GBの物理アドレス空間に割り当てられていますので、実際は4GBのメモリをフルに使うことができません。
32ビットOSでは3.25GBまでしか認識しないのです。
これはよく使われている理由です。

本当はWindowsXP(32ビット版)はCPUの物理アドレス拡張(通称PAE)がONになっているので、アドレス空間は32ビットから36ビット、64GBのメモリが利用できるはず(マザーボードの対応が必要)なのですが、すべてのドライバがPAEに対応していない、またはちゃんとデバッグされていない、のでWindowsXP SP2からは4GBに制限されているのです。

という訳で4GBフルに使用したい場合や4GB以上のメモリを使用したい場合は、64ビットXPかVista、あるいはWindows2003EnterpriseEditionを採用する必要があります。

新環境では64ビット版Windows Vista Enterpriseをメイン環境にして、32ビットOSが必要な場合はVMWareのゲストOSの32ビット版XPを利用して対応するつもりです。
なんだかんだ言っても、Vistaは安定しているので使いたいのです。

最後になぜ32ビット版のXPとVistaをインストールしているのか?
・・・3Dの開発ができないからです。



デスクトップマシンの新調#1~ハードウェア構成~
[PR]
by riye_tech_2004 | 2008-06-12 03:20 | 自宅マシン怒涛の記録
<< デスクトップマシンの新調#3~... デスクトップマシンの新調#1~... >>