コンピュータにまつわる興味あるモノだけを扱う個人的なゆるいブログ。
by riye_tech_2004
ブログパーツ
検索
連絡先
pcnikki@gmail.com
※トラックバック送信元記事にこのブログhttp://pcnikki.exblog.jp/へのリンクが存在しない場合はトラックバックを受け付けません。ただし、エキサイトブログ同士のトラックバックには適用されません。



東京アメッシュ
GMAIL(SSL)
public: typedef Takel::Diary Observable;
スクイズ研究所
MobileBiz
Ken's Blog
眞鍋かをりのここだけの話


SonyEricsson
ノキア・ジャパン
NECわいわいモバイル
LGモバイル

TSUKUMOネットショップ
ASUS
EPSON Direct ショップ

ブログ口コミポータル話題のjp
八百万神社の杜
Windows Tipsホーム

ワールドビジネスサテライト
カテゴリ
以前の記事
外付けハードディスクへのバックアップ
a0003824_14444842.jpg下のPCが旧TV録画マシン。
RAID0のストライピングを行っていたが、新マシンはチビなベアボーンなのでRAIDカード挿して、HDD3台(1台はシステム用)の搭載は無理。
仕方が無いので旧マシンの2台のHDDを乗せたままデータのコピー作業を行うことにした。
新マシン(上)は一時的にRAIDカードを挿し、RAID0のHDDを接続する。電源が165Wしかないため、旧マシンの電源のを使う。
旧マシンからデータを吸い出すのにこのように面倒なことを行っちゃった(笑。
知人から頼まれたTV録画データが入っているので守らなければ。

新マシンからは無事2台のRAID0のHDDを認識して中のデータも問題ないので外付けHDDに待避させた。
無事待避させ、RAIDカード抜いた。

めでたしめでたし。

しかし、シリアルATAのケーブルは長いのでいざって時にホントに応用が利くなー。(写真の青いケーブル2本がそれ)
[PR]
by riye_tech_2004 | 2004-08-18 14:52 | 自宅マシン怒涛の記録
<< ファイルサーバーの復旧 外付けハードディスク >>