コンピュータにまつわる興味あるモノだけを扱う個人的なゆるいブログ。
by riye_tech_2004
ブログパーツ
検索
連絡先
pcnikki@gmail.com
※トラックバック送信元記事にこのブログhttp://pcnikki.exblog.jp/へのリンクが存在しない場合はトラックバックを受け付けません。ただし、エキサイトブログ同士のトラックバックには適用されません。



東京アメッシュ
GMAIL(SSL)
public: typedef Takel::Diary Observable;
スクイズ研究所
MobileBiz
Ken's Blog
眞鍋かをりのここだけの話


SonyEricsson
ノキア・ジャパン
NECわいわいモバイル
LGモバイル

TSUKUMOネットショップ
ASUS
EPSON Direct ショップ

ブログ口コミポータル話題のjp
八百万神社の杜
Windows Tipsホーム

ワールドビジネスサテライト
カテゴリ
以前の記事
カテゴリ:Linux(Gentoo)( 13 )
Gentoo Linux 2004.2 リリース
試食中なのにニューバージョンが出ましたか。
早速LiveCD落とそう。
GentooJP
[PR]
by riye_tech_2004 | 2004-07-27 11:44 | Linux(Gentoo)
GentooLinuxのインストールメモ~Express5800へのインストールその2~
基本的なインストール作業は過去に行ったVMWareへのインストールと同じであった。
で、インストール後再起動すると、GRUBでルートパーティションが見つからんと怒られた。
もう一回LiveCDでRAIDドライブをマウントして設定を確認したが問題無さそう。
「ん~???」
もう一回やり直して見るか・・・。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2004-07-24 01:34 | Linux(Gentoo)
GentooLinuxのインストールメモ~Express5800へのインストール~
先日購入した中古サーバーにGentooLinuxをインストールする。

NICは2枚刺さっているが、1枚はマザーボードに実装されているカニ製(RealTeK) RTL8139。

# modprobe 8139too

で認識される。

次はRAIDコントローラの認識。
Express5800にはIntel製のコントローラi960RSのMegaRaidが刺さっている。

# modprobe megaraid

であっさり認識。古いカードなので助かる。
RAIDアレイはすでにRAID1として作成済みなので、

# fdisk /dev/sda

として、パーティションを作成する。RAIDのアレイはIDEドライブでもSCSIとして認識される。
パーティションはこんな感じで作成した。
----------------------------------------------------------------------------------------
Command (m for help): p

Disk /dev/sda: 59.9 GB, 59998470144 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 7294 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/sda1 * 1 125 1004031 83 Linux
/dev/sda2 126 250 1004062+ 82 Linux swap
/dev/sda3 251 7294 56580930 5 Extended
/dev/sda5 251 1496 10008463+ 83 Linux
/dev/sda6 1497 2742 10008463+ 83 Linux
/dev/sda7 2743 3988 10008463+ 83 Linux
/dev/sda8 3989 7294 26555413+ 83 Linux
----------------------------------------------------------------------------------------

ファイルシステムを作成する。
# mkfs -t ext3 /dev/sda1<enter>
# mkswap /dev/sda2<enter>
# mkfs -t ext3 /dev/sda5<enter>
# mkfs -t ext3 /dev/sda6<enter>
# mkfs -t ext3 /dev/sda7<enter>
# mkfs -t ext3 /dev/sda8<enter>

swapを有効にする。
# swapon /dev/sda2<enter>

マウントポイントを設定する。
# mount /dev/sda5 /mnt/gentoo<enter>
# mkdir /mnt/gentoo/boot<enter>
# mount /dev/sda1 /mnt/gentoo/boot<enter>

圧縮ファイルを展開する。CPUはPentium3。
# tar -xvjpf /mnt/cdrom/stages/stage3-pentium3-2004.1.tar.bz2<enter>

chrootを実行する。
# mount -t proc proc /mnt/gentoo/proc<enter>
# cp /etc/resolv.conf /mnt/gentoo/etc/resolv.conf<enter>
# chroot /mnt/gentoo /bin/bash<enter>
# env-update<enter>
* Caching service dependencies... [ ok ]
# source /etc/profile<enter>

最新のPortage ツリーを取得する。
emerge sync<enter>

つづく
[PR]
by riye_tech_2004 | 2004-07-23 15:39 | Linux(Gentoo)
GentooLinuxの試食メモ~VMWareへのインストール9~
GentooLinuxの試食メモ~VMWareへのインストール8~

○proftpdの続き。

FTP接続できなかったのは、色々と問題があった。

問題その1
/etc/proftpd/proftpd.confがなかった(涙。
とりあえずサンプルをコピー。
------------------------------------------------------------------------------------
# cp proftpd.conf.sample proftpd.conf<enter>
------------------------------------------------------------------------------------

xinetd経由の設定する。
ServerTypeを変更。
------------------------------------------------------------------------------------
# nano -w /etc/proftpd/proftpd.conf<enter>

ServerType standalone
   ↓
ServerType inetd
------------------------------------------------------------------------------------

問題その2
xinetdの設定が足らなかった。
設定ファイルを修正。
------------------------------------------------------------------------------------
# nano -w /etc/xinetd.d/proftpd<enter>

server = /usr/sbin/proftpd
    ↓
server = /usr/sbin/in.proftpd
------------------------------------------------------------------------------------

修正後は設定を適用する。
------------------------------------------------------------------------------------
# /etc/init.d/xinetd restart<enter>
------------------------------------------------------------------------------------

ローカルでFTP接続してみようとしたが、ftpコマンドがない!
インストールする。
-----------------------------------------------------------------------------------
# emerge ftp<enter>
-----------------------------------------------------------------------------------
この辺はラクなのでイーネ。
ftpコマンドが入ったのでローカル接続を試みる。
-----------------------------------------------------------------------------------
# ftp localhost<enter>
Connected to localhost.
220 ProFTPD 1.2.9 Server (ProFTPD Default Installation) [vmgentoo.hogehoge.jp]
Name (localhost:hogehoge): hogehoge
500 AUTH not understood
SSL not available
331 Password required for hogehoge.
Password:
230 User hogegoge logged in.
Remote system type is UNIX.
Using binary mode to transfer files.
-----------------------------------------------------------------------------------
無事xinetd経由で接続された。
念のためtopコマンドでプロセスの確認。
-----------------------------------------------------------------------------------
# top<enter>
top - 23:14:55 up 1:47, 2 users, load average: 0.00, 0.00, 0.00
Tasks: 30 total, 1 running, 29 sleeping, 0 stopped, 0 zombie
Cpu(s): 0.0% user, 0.7% system, 0.0% nice, 99.3% idle
Mem: 255536k total, 63964k used, 191572k free, 2932k buffers
Swap: 1004052k total, 0k used, 1004052k free, 48644k cached

PID USER PR NI VIRT RES SHR S %CPU %MEM TIME+ COMMAND
2599 hogehoge 14 0 1924 1920 1728 S 0.3 0.8 0:00.88 sshd
1 root 8 0 468 468 420 S 0.0 0.2 0:05.96 init
2 root 8 0 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.01 keventd
3 root 19 19 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.01 ksoftirqd_CPU0
4 root 9 0 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.00 kswapd
5 root 9 0 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.01 bdflush
6 root 9 0 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.00 kupdated
7 root -1 -20 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.01 mdrecoveryd
8 root 9 0 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.01 kcopyd
151 root 9 0 848 848 616 S 0.0 0.3 0:00.04 devfsd
358 root 9 0 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.00 khubd
959 root 9 0 696 696 540 S 0.0 0.3 0:00.04 syslog-ng
1717 root 9 0 1404 1404 1276 S 0.0 0.5 0:00.03 sshd
1732 root 9 0 652 648 568 S 0.0 0.3 0:00.01 agetty
1733 root 9 0 652 648 568 S 0.0 0.3 0:00.02 agetty
1734 root 9 0 652 648 568 S 0.0 0.3 0:00.01 agetty
1735 root 9 0 652 648 568 S 0.0 0.3 0:00.00 agetty
1736 root 9 0 652 648 568 S 0.0 0.3 0:00.01 agetty
1737 root 9 0 652 648 568 S 0.0 0.3 0:00.00 agetty
1738 root 9 0 1752 1748 1592 S 0.0 0.7 0:00.07 sshd
1741 hogehoge 9 0 1924 1920 1728 S 0.0 0.8 0:01.75 sshd
1742 hogehoge 9 0 1232 1232 1036 S 0.0 0.5 0:00.04 bash
1748 root 9 0 944 944 760 S 0.0 0.4 0:00.05 su
1749 root 9 0 1240 1240 1036 S 0.0 0.5 0:00.17 bash
2063 root 9 0 852 852 740 S 0.0 0.3 0:00.05 xinetd
2596 root 9 0 1752 1748 1592 S 0.0 0.7 0:00.07 sshd
2600 hogehoge 9 0 1232 1232 1036 S 0.0 0.5 0:00.04 bash
2606 hogehoge 18 0 972 972 796 R 0.0 0.4 0:01.61 top
2611 root 9 0 1664 1664 1292 S 0.0 0.7 0:00.06 ftp
2612 hogehoge 9 0 2012 2008 1476 S 0.0 0.8 0:00.07 in.proftpd
-------------------------------------------------------------------------------------
最後に注目。
ftp接続を終了させるとin.proftpd消える。
xinetdは要求があった時のみサービスを起動するデーモンなのだ。

さてWinから接続してみる・・・・拒否された。。。
まだファイヤーウォールの設定していないハズなのに~。

さらにつづく。
と思ったら原因判明。
------------------------------------------------------------------------------------
# nano -w /etc/xinetd.d/proftpd<enter>

service ftp
{
flags = REUSE
socket_type = stream
instances = 30
wait = no
user = root
server = /usr/sbin/in.proftpd
log_on_success = HOST PID
log_on_failure = HOST
disable = no
only_from = 192.168.10.0/24 ←← アクセス許可IPアドレスを記述
}
------------------------------------------------------------------------------------
LAN内のみ許可すればいいので、このように設定。
only_from = 192.168.10.0/24

ちなみに禁止IPアドレスは
no_access = xxx.xxx.xxx.xxx/xx
で指定する。

無事Winから接続ができた。
めでたしめでたし。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2004-06-16 03:41 | Linux(Gentoo)
GentooLinuxの試食メモ~VMWareへのインストール8~
GentooLinuxの試食メモ~VMWareへのインストール7~

○proftpdをインストールして見る。

---------------------------------------------------------------------------------
# emerge proftpd<enter>
---------------------------------------------------------------------------------
問題なくインストール終了。
ハっ、xinetdインストールしてないか。

---------------------------------------------------------------------------------
# emerge xinetd<enter>
---------------------------------------------------------------------------------
proftpdをxinetd経由で使用したいので追加する。
こちらも問題なくインストールできた。

設定ファイルの場所はやはりここね。
---------------------------------------------------------------------------------
# ls -l /etc/xinetd.d<enter>
total 40
-rw-r--r-- 1 root root 643 Jun 13 18:40 README.services
-rw-r--r-- 1 root root 246 Jun 13 18:40 chargen-tcp
-rw-r--r-- 1 root root 266 Jun 13 18:40 chargen-udp
-rw-r--r-- 1 root root 246 Jun 13 18:40 daytime-tcp
-rw-r--r-- 1 root root 272 Jun 13 18:40 daytime-udp
-rw-r--r-- 1 root root 238 Jun 13 18:40 echo-tcp
-rw-r--r-- 1 root root 263 Jun 13 18:40 echo-udp
-rw-r--r-- 1 root root 295 Jun 13 18:34 proftpd
-rw-r--r-- 1 root root 270 Jun 13 18:40 time-tcp
-rw-r--r-- 1 root root 272 Jun 13 18:40 time-udp
---------------------------------------------------------------------------------

ptoftpdの設定ファイルがあるので覗いて見る。
---------------------------------------------------------------------------------
# less /etc/xinetd.d/proftpd<enter>
#
# ProFTPd FTP daemon - http://www.proftpd.org
#
service ftp
{
flags = REUSE
socket_type = stream
instances = 30
wait = no
user = root
server = /usr/sbin/proftpd
log_on_success = HOST PID
log_on_failure = HOST
disable = yes
}
---------------------------------------------------------------------------------

デフォルトではproftpdのアクセスが禁止になっているので解除する。
---------------------------------------------------------------------------------
# nano -w /etc/xinetd.d/proftpd<enter>

disable = no ←ここを変更。
---------------------------------------------------------------------------------

書き換えたので、xinetdを起動する。
---------------------------------------------------------------------------------
# /etc/init.d/xinetd start
* Starting xinetd... [ ok ]
---------------------------------------------------------------------------------
起動した。
ffftpでWinから接続してみる・・・・・が反応なし。

つづく。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2004-06-15 23:30 | Linux(Gentoo)
GentooLinuxの試食メモ~VMWareへのインストール7~
GentooLinuxの試食メモ~VMWareへのインストール6~

○apacheをインストールして見る。

# emerge apache<enter>

長々とビルドを行う。。。
ビルドが終わったので、起動させてみる。

# /etc/init.d/apache2 start<enter>
* Starting apache2...
apache2: Could not determine the server's fully qualified domain name, using 127.0.0.1 for ServerName [ !! ]

とりあえず注意された。
apacheの2.x系はまだ使ったことがないので、この機会に検証しよう。
設定ファイルはどこだ・・・?
# ls /etc/apache2/conf<enter>
apache2.conf commonapache2.conf magic mime.types modules.d ssl vhosts
あっさり発見。
設定ファイルを修正する。
# nano -w /etc/apache2/conf/apache2.conf<enter>
-------------------------------------------------------------------------------------
ServerName apache2
-------------------------------------------------------------------------------------
ServerNameを適当に変更した。
もう一回起動。
# /etc/init.d/apache2 start<enter>
* Starting apache2... [ !! ]
警告メッセージは消えたが、起動しない・・・?。
ログを見て見る。
less /var/log/apache2/error_log<enter>
-----------------------------------------------------------------------------------
[Sat Jun 12 22:30:25 2004] [alert] (EAI 2)Name or service not known: mod_unique_id: unable to find IPv4 address of "vmgentoo"
Configuration Failed
[Sat Jun 12 22:39:49 2004] [alert] (EAI 2)Name or service not known: mod_unique_id: unable to find IPv4 address of "vmgentoo"
Configuration Failed
[Sat Jun 12 22:43:19 2004] [alert] (EAI 2)Name or service not known: mod_unique_id: unable to find IPv4 address of "vmgentoo"
Configuration Failed
[Sat Jun 12 22:52:29 2004] [alert] (EAI 2)Name or service not known: mod_unique_id: unable to find IPv4 address of "vmgentoo"
Configuration Failed
[Sat Jun 12 22:55:57 2004] [alert] (EAI 2)Name or service not known: mod_unique_id: unable to find IPv4 address of "vmgentoo"
Configuration Failed
-----------------------------------------------------------------------------------
どうも名前解決ができていないらしい。
vmgentooは自身のホスト名だけど、LANの内のネームサーバーに登録されていない。
と言う訳で、ネームサーバーにvmgentooを登録した。
あと、gentooの"resolv.conf"に、
domain hogehoge.jp
の一行を加えた。ドメインの指定をしないとapache2は起動しない。
# /etc/init.d/apache2 start<enter>
* Starting apache2... [ ok ]
無事起動。
ブラウザから、http://vmgentoo.hogehoge.jp/にアクセスしてみる。
無事ブラウザにapacheのページが出た。

apache2のお勉強はまた今度。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2004-06-14 03:09 | Linux(Gentoo)
GentooLinuxの試食メモ~VMWareへのインストール6~
GentooLinuxの試食メモ~VMWareへのインストール5~

○emerge syncができたので、システムのアップグレードを試みる。
# emerge -up system<enter>
------------------------------------------------------------------------------------
These are the packages that I would merge, in order:

Calculating system dependencies ...done!

[ebuild U ] sys-apps/baselayout-1.9.4-r2 [1.8.6.13]
[ebuild U ] dev-python/python-fchksum-1.7.1 [1.6.1-r1]
[ebuild U ] sys-apps/texinfo-4.6 [4.5]
[ebuild U ] sys-devel/binutils-2.14.90.0.8-r1 [2.14.90.0.7-r4]
[ebuild U ] sys-devel/gcc-3.3.3-r6 [3.3.2-r5]
[ebuild U ] sys-libs/glibc-2.3.3.20040420 [2.3.2-r9]
[ebuild U ] sys-devel/gnuconfig-20040214 [20030708]
[ebuild N ] sys-libs/db-1.85-r1
[ebuild N ] sys-libs/gdbm-1.8.0-r5
[ebuild U ] dev-lang/python-2.3.3-r1 [2.3.3]
[ebuild U ] sys-apps/portage-2.0.50-r8 [2.0.50-r5]
*** Portage will stop merging at this point and reload itself,
recalculate dependencies, and complete the merge.
[ebuild N ] sys-libs/slang-1.4.9
[ebuild U ] app-editors/nano-1.3.2 [1.2.3]
[ebuild U ] sys-devel/autoconf-2.59-r3 [2.58-r1]
[ebuild U ] sys-apps/coreutils-5.2.0-r2 [5.0.91-r4]
[ebuild U ] sys-apps/file-4.08 [4.06]
[ebuild U ] sys-apps/man-pages-1.67 [1.66]
[ebuild U ] sys-apps/net-tools-1.60-r8 [1.60-r7]
[ebuild U ] app-arch/sharutils-4.2.1-r9 [4.2.1-r8]
[ebuild U ] app-arch/tar-1.13.92-r3 [1.13.25-r3]
[ebuild U ] net-misc/openssh-3.8_p1 [3.7.1_p2-r2]
------------------------------------------------------------------------------------
色々アップできるらしい。
("-up system"はアップグレードされるシステムの確認オプションだ。)
その前に、取得サイトを日本のサイトにする。
#nano -w /etc/make.conf<enter>
------------------------------------------------------------------------------------
SYNC="rsync://rsync.jp.gentoo.org/gentoo-portage"
GENTOO_MIRRORS="http://mirror.gentoo.gr.jp http://gentoo.oregonstate.edu/ http://www.ibiblio.org/pub/Linux/distributions/gentoo"
------------------------------------------------------------------------------------
上記2つ環境変数を追加した。
と言うことで、システムをアップグレードしてみる。
(問題なければ"-u system"で実際に適用となる。)
# emerge -u system<enter>(うりゃ!)

なにやら、いっぱい仕事を始めたようだ。
tarボールを受信して、configureを実行してmakeを実行しているようだ。自動で。
この一連の作業が自動になっているのはすごいな~。

と言う訳で時間がかかりそうなので今回はここまで。

ちなみにVMWareのGentooを起動したまま、ホストPC(WinXP)をスリープにすると、
スリープ復帰後ネットワークが死んでいるようだ。
解決方法を追求していないが、とりあえずOSをリブートすれば解決。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2004-06-13 23:12 | Linux(Gentoo)
GentooLinuxの試食メモ~VMWareへのインストール5~
GentooLinuxの試食メモ~VMWareへのインストール4~

さてGentooで有名な、emergeを使ってみようと思う。
#emerge sync<enter>
>>> starting rsync with rsync://65.19.163.230/gentoo-portage...
>>> checking server timestamp ...
rsync: failed to connect to 65.19.163.230: Network is unreachable
rsync error: error in socket IO (code 10) at clientserver.c(88)
>>> retry ...


>>> Starting retry 1 of 3 with rsync://134.68.220.73/gentoo-portage
>>> checking server timestamp ...
rsync: failed to connect to 134.68.220.73: Network is unreachable
rsync error: error in socket IO (code 10) at clientserver.c(88)
>>> retry ...

どうも繋げないらしい・・・?
ハテ?
eth0の設定はしたはずだし、ゲートウェイ先の192.168.10.1にpingは通るし。
どうもWAN側にパケットが出て行かないらしい。
と言うことはデフォルトゲートウェイが設定されていないということか。

#less /etc/conf.d/net<enter>
.
.
.
# For setting the default gateway
#
#gateway="eth0/192.168.1.1"

一番下の行がコメントになってるやん・・・。

#nano -w /etc/conf.d/net<enter>
# For setting the default gateway
#
gateway="eth0/192.168.10.1"

ゲートウェイをLANのルーターマシンに向ける。

eth0を再起動して設定を反映させる。
#/etc/init.d/net.eth0 restart<enter>
* Unmounting network filesystems... [ ok ]
* Stopping sshd... [ ok ]
* Bringing eth0 down... [ ok ]
* Bringing eth0 up... [ ok ]
* Setting default gateway... [ ok ]
* Mounting network filesystems... [ ok ]
* Starting sshd...  [ ok ]

# ping www.yahoo.com<enter>
無事パケットは外に出た。

改めて
#emerge sync<enter>
おお~できた。
ちょびっと感動。

時間がかかりそうなので今回はここまで。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2004-06-11 22:01 | Linux(Gentoo)
GentooLinuxの試食メモ~VMWareへのインストール4~
GentooLinuxの試食メモ~VMWareへのインストール3~

ユーザーを作成していたが、ちゃんとオプション設定してあげないとホームディレクトリも作ってくれない。
# useradd your_user -m -G users,wheel,audio -s /bin/bash<enter>
# passwd your_user<enter>

○SSHの起動
やはりまずSSHを使用したいので起動させる。
デフォルトは起動していない。
# /etc/init.d/sshd start<entrt>
起動させた。
セキュリティ等の細かい設定はまた後で行うことにする。

/etc/runlevels/default/にSSHを追加して自動起動するようにする。
# rc-update add sshd default<enter>
* sshd added to runlevel default
* Caching service dependencies... [ ok ]
* rc-update complete.
これでいいのかな?
確認する。
# ls /etc/runlevels/default<enter>
hotplug local net.eth0 netmount sshd syslog-ng
追加されたみたい。
マシンを再起動してみる。
問題なし。
SSHの設定終わり。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2004-06-10 15:11 | Linux(Gentoo)
GentooLinuxの試食メモ~VMWareへのインストール3~
GentooLinuxの試食メモ~VMWareへのインストール2~

わくわくしてリブートしたが、カーネルが見つからないと怒られた。。。
GRUBの設定ファイルを再確認。
この2行のファイル名を書き間違えた。
------------------------------------------------------------
kernel (hd0,0)/boot/kernel-2.4.25 root=/dev/hda3
initrd (hd0,0)/boot/initrd-2.4.25
------------------------------------------------------------

GRUBのラインエディタで修正。
------------------------------------------------------------
kernel (hd0,0)/boot/kernel-2.4.25-gentoo-r3 root=/dev/hda3
initrd (hd0,0)/boot/initrd-2.4.25-gentoo-r3
------------------------------------------------------------
とりあえずコマンドモード起動に成功。

忘れないうちにgrub.confを書き換えよう。
ls /boot/grub<entet>
ディレクトリがない!

マウントしてあげないといけないのね。
mount /dev/hda1 /boot<enter>
マウント成功。
grub.confを書き換えた。

次の問題、ネット設定がデフォルトに戻ってしまっていた。
(設定引き継いでよ~)
設定ファイルを書き換えようと思って、
cd /etc/sysconfig/network-scripts<enter>
とするとディレクトリがない・・・。
RedHat系と違うらしい。
nano -w /etc/conf.d/net<enter>
--------------------------------------------------------------------------------
iface_eth0="192.168.10.28 broadcast 192.168.10.255 netmask 255.255.255.0"
--------------------------------------------------------------------------------
と書き換えた。
rc-update add net.eth0 default<enter>
を実行して設定を反映。

次の問題、キー配列がUSになっていた。
nano -w /etc/rc.conf
--------------------------------
KEYMAP="jp106"
--------------------------------
に書き換えた。

参考サイト:
http://www.wikiroom.com/GentooNagoya/
[PR]
by riye_tech_2004 | 2004-06-09 00:03 | Linux(Gentoo)