コンピュータにまつわる興味あるモノだけを扱う個人的なゆるいブログ。
by riye_tech_2004
ブログパーツ
検索
連絡先
pcnikki@gmail.com
※トラックバック送信元記事にこのブログhttp://pcnikki.exblog.jp/へのリンクが存在しない場合はトラックバックを受け付けません。ただし、エキサイトブログ同士のトラックバックには適用されません。



東京アメッシュ
GMAIL(SSL)
public: typedef Takel::Diary Observable;
スクイズ研究所
MobileBiz
Ken's Blog
眞鍋かをりのここだけの話


SonyEricsson
ノキア・ジャパン
NECわいわいモバイル
LGモバイル

TSUKUMOネットショップ
ASUS
EPSON Direct ショップ

ブログ口コミポータル話題のjp
八百万神社の杜
Windows Tipsホーム

ワールドビジネスサテライト
カテゴリ
以前の記事
カテゴリ:自宅マシン怒涛の記録( 107 )
Gateway2000 G6-200の最後
a0003824_16194713.jpg

今は亡きGateway2000のG6-200です。
これも廃棄リストに入りました・・・。
筐体は頑丈だし、HDDのベイも多かったので現役引退後はLinuxのファイルサーバーとして余生を送っていました。

これは初めて購入したAT互換機で、21インチモニタをあわせて総額60万くらい。購入年は1995年かな。
とにかくBTOで当時の最高スペックに近い構成にしました。

・OS:windows95(←後にWindowsNT4.0へ)
・CPU:Intel Pentium Pro200MHz(←XEONの前身のCPU)
・メモリ:64MB(←確か・・・)
・ビデオカード:Matrox mirenium(←当時の画質最高ビデオカード)
・CD-R(←もちろんリッピングとバックアップ目的。2倍速)
・UltraWideSCSI 2GB

ゲームはアローンインザダーク3あたりで遊びましたよ。
それまではSHARP X68030を使っていましたが、さすがにインターネット等辛い状況になったのでAT互換機に移行した訳です。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2010-02-20 16:19 | 自宅マシン怒涛の記録
自作機の最後3
a0003824_1645389.jpg
今度はDELLのサーバーです。SC420です。
まだまだ動きますが、こいつも廃棄します。
CPU、メモリ、HDDは取り出します。

写真にあるように、SC420の筐体はネジいらずで豪快に空けることができます。
CPUファンの廃熱がスムースに筐体から出るようにダクトがついています。
なかなかよくできたケースでした。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2010-02-20 16:04 | 自宅マシン怒涛の記録
自作機の最後2
a0003824_15572097.jpg
取り出したPentiunm4、3GHzです。Nothwood版ですね。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2010-02-20 15:57 | 自宅マシン怒涛の記録
自作機の最後1
a0003824_1556237.jpg
引越しをすることになったので、自作機を廃棄することにしました。
できれば一緒に連れて行きたかったのですが、スペースの都合もあり、泣く泣く廃棄です。
この黒いマシンはずっと開発兼メインマシンとして苦楽を共にしてきました。

中のOSであるWindowsXPPROは、VMWareを使用して仮想OS化しました。
別のマシンで仮想OSとしての第二の人生が待っています。(←本当か?)

廃棄する前に、CPU、メモリ、HDDは取り出して持って行きます。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2010-02-20 15:56 | 自宅マシン怒涛の記録
X25-M SSD換装
当初Let's NOTE T5に換装しようと思っていましたが、EPSON Endeavor NJ5000Proに換装しました。
NJ5000ProのHDDはとにかく激重で、非常にストレスのあるマシンでした。
こいつをSSDに換装すると生まれ変わり、メイン機に復活できるのではと言う思いからでした。

NJ5000ProのHDDはもともと80GBだったので、バックアップを含めて移行は簡単だったのですが、面倒なのでVista Ultimeteをクリーンインストールしました。
インストール直後のOSは比較的軽めなので、SSDの速さは体感できなかったのですが、使い込んで行くうちにその軽さを感じてきました。

特にVMWareの仮想マシンをSSD上に置いた場合、HDDの頃を知っていたので、その軽さはすぐ体感できました。
仮想マシンを使用中にHDDのアクセスランプを見に行くことがなくなりました。
それまではOSの反応が無くなると、ディスクアクセスかどうかをいつも確認していましたから。

以上のことから容量的には不満がありますが、実用に関しては全く問題なしです。
また音と熱の問題も解消されました。

古いノートPCのHDDをSSDに変えることはオススメです。(←少なくともSATAのマシン)
ノートPCの体感の悪さの80%はHDDのI/Oですから。
ただしSSDのチョイスを誤ると不幸になるかも知れません。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2009-09-08 01:24 | 自宅マシン怒涛の記録
インテルSSD X-25Mゲット
a0003824_2037374.jpg
やっと買ってもいいかなと思う価格と容量になったので買いました。時価25980円。

SSDは書き込み回数に上限があるため、その辺の調整(分散書き込みとかね)をきっちりやってくれる信頼のあるメーカーのものしか買う気がおきません。
インテルはCPUでお馴染みの半導体メーカーなので、その辺はきっちりやってくれているのではないかと。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2009-09-06 20:37 | 自宅マシン怒涛の記録
EP-901Aのインク
a0003824_112721.jpg
もうね。非常に腹が立っています。EPSONのEP-901A。
とにかく使ってないと必ずインクが詰まって、そのクリーニングで大量のインクを消費します。
ほとんど印刷していないのに、あっという間にインク切れ。

純正だと5千円ほどするので、インクで儲けているビジネスモデルがしっかりと理解できます。
どうせ詰まるならサードパーティの安いインクでもいいかなと考えてしまいます。(←次回はそうしようと思っている)

でもこのプリンタ、それ以外の性能はいいので嫌いではないです。
インクの問題は儲けにつながるので、あんまり改善はされないんでしょうか。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2009-09-01 01:12 | 自宅マシン怒涛の記録
1TBのHDDを購入
a0003824_0385725.jpg
昨年購入したWestern Digitalの500GB HDD逝ってしまいました。
このドライブはCではなくDドライブだったのですが、スリープしまくるとHDDの寿命が短くなるような気がするのは気のせいでしょうか。

自宅ではWestern DigitalのHDDがよく死ぬので、今回はHITACHIの1TBにしました。
うちはHITACHIとは相性が良いようです。

こいつはeSATAのSATAボックスレイドに入れました。
まあまあいい感じ。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2009-06-08 00:38 | 自宅マシン怒涛の記録
SATAボックスレイド2
a0003824_037463.jpg
SATAボックスレイド付属のeSATAカード記念撮影。
こういうカードを挿すのってずいぶん久しぶりのような気が・・・。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2009-06-08 00:37 | 自宅マシン怒涛の記録
SATAボックスレイド
a0003824_036762.jpg
同じタイプでUSB接続のものを持っているのですが、取り回しは非常に便利です。
ただ転送速度が遅いのが難点です。

と言うわけでeSATA接続タイプのSATAボックスレイドを買ってみました。
eSATAのコネクタは、非常にすぐ抜けるタイプで萎えます・・・。
取り扱いに気をつけないと非常に危険です。

速度的にはまあこんなもんかと。
RAID機能はソフトウェアRAIDなので使いません。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2009-06-08 00:36 | 自宅マシン怒涛の記録