コンピュータにまつわる興味あるモノだけを扱う個人的なゆるいブログ。
by riye_tech_2004
ブログパーツ
検索
連絡先
pcnikki@gmail.com
※トラックバック送信元記事にこのブログhttp://pcnikki.exblog.jp/へのリンクが存在しない場合はトラックバックを受け付けません。ただし、エキサイトブログ同士のトラックバックには適用されません。



東京アメッシュ
GMAIL(SSL)
public: typedef Takel::Diary Observable;
スクイズ研究所
MobileBiz
Ken's Blog
眞鍋かをりのここだけの話


SonyEricsson
ノキア・ジャパン
NECわいわいモバイル
LGモバイル

TSUKUMOネットショップ
ASUS
EPSON Direct ショップ

ブログ口コミポータル話題のjp
八百万神社の杜
Windows Tipsホーム

ワールドビジネスサテライト
カテゴリ
以前の記事
カテゴリ:MSDN( 10 )
Vista到着!
a0003824_1019099.jpg
本日WindowsVistaが深夜0時に発売されました。
朝のワイドショーでも報じられていました。
そう言えば以前Windows98の深夜販売が行われた秋葉に行ったのを思い出しました。
あの頃は若かった・・・。

今日MSDN版Vistaが届きました。(←DVDメディアです)
11月にすでにiso版を入手していましたが、メディアも送ってくれました。
(↑x64ビット版のVistaも同梱されていた)

そろそろメイン機に入れてみるかな。。



MSDNでVista解禁
MSDNのVistaインストールの季節
MSDNのVistaインストールの季節その2


[PR]
by riye_tech_2004 | 2007-01-30 23:52 | MSDN
はじめての電話アクティベーション
ノートPC用にVMWareを4.5から5.5にアップグレードしてみました。(←まずは体験版)
ゲストOSである開発環境用のWindowsXPを丸ごとコピーして、起動するとハードウェアの構成が変ったのでアクティベーションしろと言われました。
MSDN版のWindowsXPは1つのプロダクトキーで10ライセンスまで利用できます。

しかしインストールを10回するのではなく、ゲストOSの複製だけしてもアクティベーション要求されるのでは10ライセンスなどあっと言う間になくなってしまいます。
4.5まではこの辺の制約はなく、ゲストOSを複製してデバッグ環境を構築できていましたが、5.5はライセンス回りが非常に厳しくなっています。

使用しているプロダクトキーは、すでに10ライセンスを超えてしまっているのでアクティベーションしても通らないはずです。
UUIDを既存のものにしても、新規で発行しても、元のゲストOSのインストール環境(ディレクトリ位置やディレクトリ名)から変化があると問答無用でアクティベーション要求があります。
しかも3日しか猶予はありません。
どうしても回避できないので、思い切ってアクティベーションしてみましたが、当然ライセンス数の10を超えているためアクティベーションできないと拒否されます。

MSDN版なのに開発環境が作れないのでは意味がありません。
仕方なく電話アクティベーションすることにしました。
携帯からマイクロソフトのアクティベーション受付ダイヤルに電話をかけました。
すごい桁数のインストール番号を携帯のプッシュ番号で入力します。
すると電話アクティベーションも拒否されました。理由は同じ。

ここで諦めるつもりはないので、担当者に電話をつなぎました。
そこで事情を話し、MSDN会員と言うことでOKがでました。
口頭でアクティベーションのすごい桁数の番号を教えてもらったので、それをXPに入力して無事アクティベーションが通りました。

夜中の2時でもつながるのはいいのですが、これからゲストOSを複製する度に電話アクティベーションをするのかと面倒です。
できる限りゲストOSを要らなくなっても消さないようにしなくては・・・。


Windows.FAQ - Windows XP のプロダクトアクティベーション (ライセンス認証) とは?


[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-12-02 02:34 | MSDN
MSDNでVista解禁
MSDNで11月21日にVistaが解禁されました!
入っててよかったMSDN。
でも評価以外で使うつもりは今のところありませんが。

a0003824_19323398.jpg
MSDNでは専用のダウンローダーがあります。
解禁直後はサーバー重くて受信に14時間(平均転送率50KB/s・・・)かかっていましたが、途中で諦めました。
今日は平均転送率600KB/sでいい感じです。
レジュームダウンロードなので30分弱でダウンロードできました。

つづく


MSDNでVistaの季節


[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-11-24 19:39 | MSDN
MSDNでVistaの季節
MSDN Flash 2006/11/14号が届きました。(←Windows開発者向けのメルマガです)

日本の開発者の皆様へ

MSDN Flash をご購読いただいているお客様

開発者の皆様が待望されていた Microsoft Windows Vista 日本語版が完成し、まもなく MSDN サブスクリプションのダウンロードサイトから開発者の皆様に提供開始できることを大変うれしく思います。また、ベータ版の評価では、皆様の多大なご協力をいただいたことに深く感謝しております。皆様のご協力により、Windows Vista では過去にない高い品質の製品を初期段階から提供することができました。誠にありがとうございます。

Windows Vista が開発者の皆様に提供する可能性は、過去のどの Windows と比較しても大きなものです。日本の開発者の方が、 Windows Vista のこの可能性を応用してアプリケーションを開発し、デジタル ワークスタイル、および、デジタル ライフスタイルの日本での一層の発展を推進してくださることを心から願います。Windows Vista の様々な革新的な機能を利用したアプリケーションを開発して、我々によい意味での驚きをもたらしてくださることを期待しています。Windows Vista は、最新のパワフルなハードウェアやネットワーク環境を前提に設計されており、Windows Vista によって IT の新しい時代が切り拓かれると確信しています。その主役が、間違いなく開発者の皆様なのです。

Windows Vista では、 Microsoft .NET Framework 3.0 と Win32 API の両方に多大な投資が行われており、 Visual Studio を使用することで、視覚的に優れ、連携性が高く、ワークフロー対応が可能な、しかも安全性も高いアプリケーションの開発が可能になります。 Windows Vista のアプリケーションを開発するための技術情報は、以下の Web サイトに揃っています。 Windows Vista 対応のアプリケーション開発のヒントが必要なときや他の開発者とのディスカッションの際はぜひご活用ください。


a0003824_5513572.jpg先日Vsita開発終了がアナウンスされ一般には2007年1月30日に発売がきまりした。
パッケージングに時間がかかるのは予想できますが、プリインストールなどのOEM向けのRTM版のVistaはすでに出荷が始まっています。
そして開発者向けのVistaもいよいよMSDN サブスクライバ ダウンロードサイトから近日中にダウンロードできるとアナウンスがあったので、MSDN会員は年内にVistaが手に入りそうですね。
開発版と言えど機能的には製品版のVistaと同じです。
違いはライセンスだけですので開発目的以外には使用してはいけないVistaなのです。

まあ個人的にVistaはSP1(サービスパック1)が出て1つの完成と言えるでしょう。(←β版扱い)


MSDNホームページ


[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-11-16 06:00 | MSDN
MSDN再び4
DVD版到着。
大幅に申し込みが遅れてしまいましたが、問題なく届きました。
以前はCD-ROMでメディアを貰っていましたが、今回からDVD-ROMにしました。
さすがにコンパクトで嬉しいです。


MSDN再び
MSDN再び2
MSDN再び3

[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-08-19 20:18 | MSDN
MSDN再び3
昨日MSDNの会員申し込みハガキをポストに投函しました。
実は2年近く、、、申し込みしていなかったんですよ。
WindowsVistaの動向も見つつ、いつ会員になろうかとタイミングを待っていたら・・・。
2006年も半分過ぎてしまいました。
MSDNの会員期間は1年ですから、庶民としては会員期限の延長なんて中々厳しいものがあります。
なので会員期間内にVistaが出てもらわないと困るのです。

なんの話だと疑問の方は下記の前回の投稿をご参照下さい。

MSDN再び
MSDN再び2


[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-08-11 02:13 | MSDN
MSDN130.COLが開けない件
MSDN130.COLが開けない件の追記。

とりあえず今の自分のアカウントのデスクトップ環境が開発ツールやらアプリケーションやらかなり入れまくっているので正直不安定だ。
と言うことで一度”MSDNライブラリ2001年10月”をアンインストールしてWindowsXPを再起動させた。
再起動後別のアカウントでログオンする。
そのアカウントから再び”MSDNライブラリ2001年10月”をインストールする。
予想通りこのアカウントでは”MSDNライブラリ2001年10月”が問題なく起動できた。
そしてログアウトして、メインのアカウントでログオンして”MSDNライブラリ2001年10月”を起動すると起動するではないか。

解決はしたものの今ひとつ原因は不明。

ランキング投票お願いします♪


MSDNライブラリ2001年10月
[PR]
by riye_tech_2004 | 2005-09-21 19:29 | MSDN
MSDNライブラリ2001年10月
a0003824_9563868.jpg
VisualStudio6.0の最後のMSDNライブラリ。
最後のためか未だに、MSDNサブスクライバダウンロードにあるわけだ。
ちょっと昔のドキュメントが見たくなったのでインストールしてみたら起動しやがらねえ・・・。

MSDN130.COLが開けないようだ。
なぜ?ファイルは存在するのだが。


ランキング投票お願いします♪
[PR]
by riye_tech_2004 | 2005-09-21 09:57 | MSDN
MSDN再び2
a0003824_1892061.jpg前回MSDNのサブスクリプションを確認した。”MSDN プロフェッショナル”にしようかと思ったが、VisualStudioはしばらく必要ないので、”MSDN オペレーティングシステム”にした。
これで1年間マイクロソフトのOSをすべて手に入れられるが、Windows2003server以外は持っているので意味が無かったりする。
おまけでVirtualPCがついているのでよしとしよう。
しかしVMWare4を持っているので出番はないかも。

ところで気になる価格だが、新規で94,800円だ。アップグレードだと59,800円だが、すでにMSDNの会員じゃないとだめだ。
しかしマイクロソフト社の開発ツールを持っている場合、優待版と言うパッケージがある。
VisualStudioやVisualC++等のツール持っていれば購入できる。
実売価格はビックカメラで62,790円(税込ポイント10%引き)
これがマイクロソフト商法の怖いところだ。旧ユーザーも見捨てないしたたかさ。

ちなみにこの優待版、対象開発ツールを持っていなくても問題ない(多分)
パッケージのOSインストール時に対象開発ツールのシリアルを聞いてくることもないし、MSDN会員登録にも必要ない。
これがマイクロソフト商法だ。

パッケージにはWindowsXPプロフェッショナルとWindows2003serverのEnterprise版が入っている。
一般のパッケージとどこが違うのか?
違いはライセンスが違う。
このパッケージのWindowsは開発目的やデモンストレーション以外の使用は禁じられている。
それ以外は開発用の特別な機能はないので、一般のと同じだ。
またMSDN会員のみ複数のPCにWindowsをインストールすることができる。

開発者以外でも用途を考えれば大変「魅力的」なパッケージだ(笑。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2004-10-27 18:04 | MSDN
MSDN再び
a0003824_4438.gifマイクロソフトを嫌っている人は多い。
自分もあんまり好感がいいほうではないが、開発者として見た場合結構好感がよかったりする。

特に開発ツールのVisualStdioは素晴らしい完成度で慣れてしまうと中々離れられない。
相変わらずバグは多いのだが。
C#をはじめ言語仕様が独自のものに走っているものもあるので、マイクロソフトの世界に入ってしまうとどっぷりハマることになる(笑。
あと開発者向けの便宜も悪くない。特にMSDN(マイクロソフトデベロッパーズネットワーク)に入会すると、マイクロソフトのOSがすべて10万円前後で手に入る。
すべてだからMS-DOSからWindows2003serverまでだ。
しかも申し込めば海外のWindowsも手に入る。英語版Windowsはもちろん中国語版も手に入る。
以前MSDNに入っていた時は、英語版と中国語版のWindowsやIEやドライバ開発ツールやドキュメントなど数十枚のCDが一斉に送られてくる(笑。
さすがにMSDNの改定で中国語版のWindows関係は別途申し込まないと送られてこなくなったが。
OSはすべて開発者向けのライセンスとなっているので一般用途には使用できないことになっている。これは仕方ない。
WindowsXPはインストール後アクティベーションを行わないといけないが、MSDN版のXPは開発向けのボリュームライセンスとなっており、LAN内に10台までインストールすることができるので便利だ。
さらに一番上のランクのMSDNに入れば、マイクロソフトのサーバーソフト(ExchangeServer等)やOfiiceなどもすべて手に入る。
会員期間は1年。1年以内新発売されたOSやOSのアップデート版はもれなく手に入る。

さて、ある実験をしたくてWindows2003serverが必要になったので、この機会に再びMSDNに入会しようと思った。
マイクロ開発ツールの正規ユーザーの場合、アップグレード版を購入できるので価格がかなり安く出に入る。
先にランクと書いたが正確にはサブスクリプションと呼び、以下の5種ある。
価格の詳細はこちら

MSDN ユニバーサル (Visual Studio .NET Enterprise Architect 2003 MSDN Deluxe Edition)
新規価格 380,000 円
更新価格 260,000 円
OS、開発ツール、一般ソフトのすべてが手に入る。

MSDN エンタープライズ (Visual Studio .NET Enterprise Developer 2003 MSDN Deluxe Edition)
新規価格 248,000 円
更新価格 158,000 円
サーバーソフトに制限あり、開発ツールは最上位版。

MSDN プロフェッショナル (Visual Studio .NET Professional 2003 MSDN Deluxe Edition)
新規価格 158,000 円
更新価格 94,800 円
OSと開発ツールのみ。

MSDN オペレーティング システム
新規価格 94,800 円
更新価格 59,800 円
OSのみ。

MSDN ライブラリ サブスクリプション
開発ドキュメントのみ。価格は安い。

更新価格は、アップグレード対象のソフトを持っていた場合はこちらを購入できる。
店頭のパッケージではよくわからないのでまとめてみた。
この価格が高いか安いかと人それぞれだが、必要な人にとっては安いはずだ。
正規ライセンスでXPとWindows2003serverを購入すれば、MSDN オペレーティング システムの値段と同じくらいになるはずだ。
という訳で、目指すはVisual Studio .NET Professional 2003 MSDN Deluxe Edition)のパッケージだ。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2004-10-25 04:00 | MSDN