コンピュータにまつわる興味あるモノだけを扱う個人的なゆるいブログ。
by riye_tech_2004
ブログパーツ
検索
連絡先
pcnikki@gmail.com
※トラックバック送信元記事にこのブログhttp://pcnikki.exblog.jp/へのリンクが存在しない場合はトラックバックを受け付けません。ただし、エキサイトブログ同士のトラックバックには適用されません。



東京アメッシュ
GMAIL(SSL)
public: typedef Takel::Diary Observable;
スクイズ研究所
MobileBiz
Ken's Blog
眞鍋かをりのここだけの話


SonyEricsson
ノキア・ジャパン
NECわいわいモバイル
LGモバイル

TSUKUMOネットショップ
ASUS
EPSON Direct ショップ

ブログ口コミポータル話題のjp
八百万神社の杜
Windows Tipsホーム

ワールドビジネスサテライト
カテゴリ
以前の記事
カテゴリ:Linux( 3 )
RedHat Enterprise Linux 5が正式リリース
米Red Hatは3月14日(現地時間)、これまでベータ版の提供が行われてきた「Red Hat Enterprise Linux 5」の正式リリースを発表した。Fedora Core 6をベースにした企業向けリリースの新版では、仮想化(バーチャライゼーション)環境のサポートにXenを採用し、デスクトップ環境のEnterprise Desktopの強化も行われている。Red Hatは同日、プラットフォーム拡大に向け、特定用途をターゲットにしたソリューションパッケージ3種類の提供と導入支援のためのソリューションセンター設立も発表している。

Red Hat Enterprise Linux 5(RHEL 5)では、通常のEnterprise Linuxに加え、新たに上位版にあたる「Red Hat Enterprise Linux Advanced Platform」の提供も行われる。Advanced Platformは仮想化環境におけるOSインスタンスの無制限実行が可能なほか、ストレージ仮想化、クラスタ/ストレージ管理機能、アプリケーション/ゲストOSのフェイルオーバー、実行するサーバのCPU数の無限サポートなど、高可用性を売り物にした構成となっている。また仮想化におけるゲストOSを包括的に管理するツールとして「Red Hat Network Satellite」が提供され、「Update」「Management」「Provisioning」「Monitoring」の各種モジュールを組み合わせることで、独立した仮想化OSをまとめて制御下に置くことが可能となる。

Red Hatではまた、RHEL 5のリリースにあわせ、いくつかのユーザー/パートナー支援策を打ち出している。その1つが「Red Hat Solutions」で、以下のように用途別の標準的なソリューションを定義し、プロフェッショナルサービスやトレーニングを提供する。

RedHatもついに五世代目かーと言う思いと、やはりキーワードは仮想化ですね。
仮想化は負荷の高いサーバーなどでは不向きかもしれませんが、CPU処理の空きが多いなどのサーバーは仮想化によって、少ない台数のサーバーにまとめたほうが効率がいいと思います。
ハードウェアの管理も減りますし、システムバックアップもラクですし。

思うのは仮想化の土台となるホストOSの環境は整いつつありますが、ゲストOSとなるべき軽いOSが必要になるかと思います。
現状ですと軽くなるようにチューニングする必要がありますが、そう言ったすみ分けのOSについても今後必要なってくると思います。

マシンパワーがどれだけあっても足りませんから。



「Red Hat Enterprise Linux 5」が正式リリース


[PR]
by riye_tech_2004 | 2007-03-17 14:23 | Linux
spamassassinの導入メモ
一番古いプライベートメールアカウントはもう数年使用している。
いろんな所で色々登録したもんだからスパムメールが毎日50通くらいくるようになってしまった。

某MLでspamassassinと言うものを見つけたのでおうちのサーバーに導入してみようと思った。
まずはソースrpmをここから入手。

おうちのサーバーはRedHat7.3なので、ソースrpmを取得してバイナリを作成することにする。
------------------------------------------------------------------------------------
# rpmbuild --rebuild spamassassin-2.63-1.src.rpm<enter>
------------------------------------------------------------------------------------
問題なくビルドが終了した。
バイナリrpmの出力場所は、/usr/src/redhat/RPMS/i386/である。
以下の3つは出力された。
perl-Mail-SpamAssassin-2.63-1.i386.rpm
spamassassin-2.63-1.i386.rpm
spamassassin-tools-2.63-1.i386.rpm

インストール。perl-HTML-Parserが必要なのでこちらからインストール。
------------------------------------------------------------------------------------
# apt-get install perl-HTML-Parser<enter>
Reading Package Lists... Done
Building Dependency Tree... Done
The following extra packages will be installed:
perl-HTML-Tagset
The following NEW packages will be installed:
perl-HTML-Parser perl-HTML-Tagset
0 packages upgraded, 2 newly installed, 0 removed and 0 not upgraded.
Need to get 103kB of archives.
After unpacking 187kB of additional disk space will be used.
Do you want to continue? [Y/n] y
Get:1 http://ayo.freshrpms.net redhat/7.3/i386/os perl-HTML-Tagset 3.03-14 [12.1kB]
Get:2 http://ayo.freshrpms.net redhat/7.3/i386/os perl-HTML-Parser 3.26-2 [90.6kB]
Fetched 103kB in 2s (36.7kB/s)
Executing RPM (-Uvh)...
Preparing... ########################################### [100%]
1:perl-HTML-Tagset ########################################### [ 50%]
2:perl-HTML-Parser ########################################### [100%]
------------------------------------------------------------------------------------

念のためspamassassinのインストールされていないかチェックして、インストール。
------------------------------------------------------------------------------------
# rpm -q spamassassin<enter>
package spamassassin is not installed
# rpm -ivh spamassassin-2.63-1.i386.rpm spamassassin-tools-2.63-1.i386.rpm perl-Mail-SpamAssassin-2.63-1.i386.rpm
Preparing... ########################################### [100%]
1:perl-Mail-SpamAssassin ########################################### [ 33%]
2:spamassassin ########################################### [ 66%]
3:spamassassin-tools ########################################### [100%]
------------------------------------------------------------------------------------
インストール終わり。

spamassassinを使用したいユーザーのホームディレクトリに、
------------------------------------------------------------------------------------
$ mkdir spam<enter>
$ cd spam<enter>
$ mkdir spam<enter>
$ mkdir doubt<enter>
$ mkdir virus<enter>
------------------------------------------------------------------------------------
作成した。こちらにスパムのメールが投げられるらしい。
spamassassinの初回起動時に、~/.spamassassinディレクトリが作成されるので、
その中のuser_prefsと言うファイルを参考サイトのものと書き換える。
------------------------------------------------------------------------------------
$ cd .spamassassin<enter>
$ wget -O user_prefs http://tlec.linux.or.jp/docs/user_prefs<enter>
------------------------------------------------------------------------------------
次はspamの学習であるが、昨日自分のspamメールを削除してしまったので、
参考サイトのサンプルを利用させてもらい学習させた。

次はprocmailの設定だが、こちらもとりあえず参考サイトの設定を試用してみることにする。

次はfetchmailの設定だが、こちらはすでに導入済みなのでメモをスキップ。


SpamAssassin設定参考サイト
SpamAssassin
[PR]
by riye_tech_2004 | 2004-06-14 13:48 | Linux
おうちのサーバー
久しぶりにサーバーを再起動すると/var/log/messagesにディスクエラーが・・・。

May 23 20:13:42 svr kernel: hda: dma_intr: status=0x51 { DriveReady SeekComplete Error }
May 23 20:13:42 svr kernel: hda: dma_intr: error=0x84 { DriveStatusError BadCRC }
May 23 20:13:42 svr kernel: hda: dma_intr: status=0x51 { DriveReady SeekComplete Error }
May 23 20:13:42 svr kernel: hda: dma_intr: error=0x84 { DriveStatusError BadCRC }
May 23 20:13:42 svr kernel: hda: dma_intr: status=0x51 { DriveReady SeekComplete Error }
May 23 20:13:42 svr kernel: hda: dma_intr: error=0x84 { DriveStatusError BadCRC }
May 23 20:13:42 svr kernel: hda: dma_intr: status=0x51 { DriveReady SeekComplete Error }
May 23 20:13:42 svr kernel: hda: dma_intr: error=0x84 { DriveStatusError BadCRC }
May 23 20:13:42 svr kernel: hda: dma_intr: status=0x51 { DriveReady SeekComplete Error }
May 23 20:13:42 svr kernel: hda: dma_intr: error=0x84 { DriveStatusError BadCRC }
May 23 20:13:42 svr kernel: hda: dma_intr: status=0x51 { DriveReady SeekComplete Error }
May 23 20:13:42 svr kernel: hda: dma_intr: error=0x84 { DriveStatusError BadCRC }
May 23 20:13:42 svr kernel: hda: dma_intr: status=0x51 { DriveReady SeekComplete Error }
May 23 20:13:42 svr kernel: hda: dma_intr: error=0x84 { DriveStatusError BadCRC }

badbloclksコマンドでチェックすると、/bootパーティションで異常が~。
もう2年も休まず稼動しているので、そろそろ交換しないとね。
もうちょっと生きていてね。仕事がいそがしいから・・・。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2004-05-24 17:00 | Linux