コンピュータにまつわる興味あるモノだけを扱う個人的なゆるいブログ。
by riye_tech_2004
ブログパーツ
検索
連絡先
pcnikki@gmail.com
※トラックバック送信元記事にこのブログhttp://pcnikki.exblog.jp/へのリンクが存在しない場合はトラックバックを受け付けません。ただし、エキサイトブログ同士のトラックバックには適用されません。



東京アメッシュ
GMAIL(SSL)
public: typedef Takel::Diary Observable;
スクイズ研究所
MobileBiz
Ken's Blog
眞鍋かをりのここだけの話


SonyEricsson
ノキア・ジャパン
NECわいわいモバイル
LGモバイル

TSUKUMOネットショップ
ASUS
EPSON Direct ショップ

ブログ口コミポータル話題のjp
八百万神社の杜
Windows Tipsホーム

ワールドビジネスサテライト
カテゴリ
以前の記事
<   2004年 09月 ( 36 )   > この月の画像一覧
忙しいときに
ちょっと仕事が混みあっている。
タダでさえ忙しいのに、過去の仕事のバグ修正の依頼が!
しかも腰痛と歯痛がセットで!

酒飲まないと体の調子が悪いな~
[PR]
by riye_tech_2004 | 2004-09-29 09:33 | お仕事モード
命の晩酌~その16 「いいちこ25度」~
a0003824_2454282.jpg忙しくても酒は飲む。
初開催のF1上海グランプリ予選を観戦中。
終わったらまた仕事しないと。

実はいいちこを自分で買って飲むのはこれが初めてだ。
いいちこは麦焼酎の基本のような気がするのは自分だけか?
[PR]
by riye_tech_2004 | 2004-09-25 23:08 | 命の酒
ジェイドグロウンメキシコ
a0003824_2393369.jpg久しぶりにスタバでコーヒーを購入した。
仕事が忙しくなってきたので、コーヒーを飲んで心を落ち着けたいと思う。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2004-09-24 23:10 | 食わなきゃ死ぬ
PDAの思い出~PalmIII~
a0003824_17292937.jpg以前雑誌の付録CD-ROMのプログラムを書くことになり、その打ち合わせで某出版社へ行ったことがある。
担当は女性編集者で打ち合わせの時に持って来たのは携帯とPDAと資料だった。
「お、PDAだ」
と心で思う。単純にカッコよかった。当時の携帯電話は通話しかできなかったように思う。
あまりにもさりげなくPDAを使いこなす彼女を想像するとPDAとは何か?と疑問と興味がわいた。
ちなみにこの打ち合わせではPDAは使われなかった・・・。

「あのPDAはなんだろう?」
当時かろうじて知っていたのはDOSのPDA、HPLXしかしらなかった。
これは某ゲーム会社のディレクターが使用していたが、今更DOSなんてと思いあまり興味はなかった。(後から興味が出たがすでに時代は進歩していた)

とにかく手のひらで使えるPDAに興味を持ち、いざ本屋へ。
(この頃はアナログモデムの時代なのでネット検索はしなかった)
そこで1冊の本を発見。あの女性編集者が持っていたものと同じだ。
名前は”PalmIII”、3Com社のPDAだ。
そのPalm本を一通りの知識を得て、PalmIIIが何なのかがわかった。
主な機能はスケジュール、メモ、TODO、アドレス帳だ。
しかもそのデータはPCを共有できる!
特筆は電池の持ちだ。単4電池2本で約2週間は動く。
さらにCPUはモトローラの68000系CPUが採用されている。
さらにさらに開発環境が比較的安価で手に入るので自分でプログラムが書ける。
(GCCを使えばタダだ。)

「これは素晴らしい買わなくては」
欲しい病が出るともう我慢できないので早速秋葉のイケショップに行った。
当時のイケショップは万世橋警察署の対面近くのビルにあった。
薄暗くてマニアックな店だったな。

早速購入した。
しばらくはスタイラス(Palm付属のペン)を使用して、グラフィティを練習した。
このグラフィティ、英数字や記号を一筆書きで入力エリアに書くとその英数字や記号が入力される。
「これは素晴らしい」
まさに紙にメモをとるのに近い。

が、、、
これが日本語となるとかなり手間がかかる。
ローマ字入力して、漢字変換するが辞書が今ひとつなので効率が悪い。
結局はPCでアドレスや予定を入力して、Palmに転送して閲覧する使い方が主になった。
Palmがアメリカで売れたのがよくわかる。Palmはアルファベット圏の機械だ。

2台目のPalm機に続く。

写真はもう出番の無い、PalmIII。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2004-09-23 18:03 | 思い出のハード
玄箱いじり~環境構築(開発ツールの導入)~
-rwxrwxrwx 1 nobody nogroup 436594 Feb 9 2004 autoconf-2.13.tar.gz
-rwxrwxrwx 1 nobody nogroup 446352 Feb 9 2004 automake-1.4p4.tar.gz
-rwxrwxrwx 1 nobody nogroup 3369791 Feb 9 2004 binutils-2.10.91.0.2.tar.gz
-rwxrwxrwx 1 nobody nogroup 138844 Feb 9 2004 bison-1.28.tar.gz
-rwxrwxrwx 1 nobody nogroup 82692 Feb 9 2004 bzip2-1.0.2.tar.gz
-rwxrwxrwx 1 nobody nogroup 131552 Feb 9 2004 diff-2.7.tar.gz
-rwxrwxrwx 1 nobody nogroup 129143 Feb 9 2004 flex-2.5.4.tar.gz
-rwxrwxrwx 1 nobody nogroup 1447426 Feb 9 2004 g++-2.95.3.tar.gz
-rwxrwxrwx 1 nobody nogroup 9770179 Feb 9 2004 gcc-2.95.3.tar.gz
-rwxrwxrwx 1 nobody nogroup 2062156 Feb 9 2004 gdb-5.1.tar.gz
-rwxrwxrwx 1 nobody nogroup 665296 Feb 9 2004 gettext-0.10.35.tar.gz
-rwxrwxrwx 1 nobody nogroup 27949903 Feb 9 2004 glibc-2.2.3.tar.gz
-rwxrwxrwx 1 nobody nogroup 44161 Feb 10 2004 libgdbm-1.7.3.tar.gz
-rwxrwxrwx 1 nobody nogroup 512348 Feb 9 2004 libstdc++2.10-2.95.3.tar.gz
-rwxrwxrwx 1 nobody nogroup 54561 Feb 9 2004 m4-1.4.tar.gz
-rwxrwxrwx 1 nobody nogroup 164429 Feb 9 2004 make-3.79.1.tar.gz
-rwxrwxrwx 1 nobody nogroup 244266 Feb 9 2004 nfs.tar.gz
-rwxrwxrwx 1 nobody nogroup 264457 Feb 9 2004 ntp-4.0.99g.tar.gz
-rwxrwxrwx 1 nobody nogroup 737923 Feb 9 2004 openssh-3.0.2p1.tar.gz
-rwxrwxrwx 1 nobody nogroup 1682667 Feb 9 2004 openssl-0.9.6e.tar.gz
-rwxrwxrwx 1 nobody nogroup 1682600 Mar 18 2004 openssl.tar.gz
-rwxrwxrwx 1 nobody nogroup 171437 Feb 9 2004 patch-2.5.4.tar.gz
-rwxrwxrwx 1 nobody nogroup 14890239 Feb 9 2004 perl-5.6.1.tar.gz
-rwxrwxrwx 1 nobody nogroup 20065 Feb 9 2004 portmap-5beta.tar.gz
-rwxrwxrwx 1 nobody nogroup 11198782 Feb 9 2004 python-2.0.tar.gz
-rwxrwxrwx 1 nobody nogroup 317868 Feb 9 2004 texinfo-4.0b.tar.gz
-rwxrwxrwx 1 nobody nogroup 264838 Feb 9 2004 textutils-2.0.tar.gz
-rwxrwxrwx 1 nobody nogroup 99360 Feb 10 2004 xinetd-2.3.3.tar.gz

上記は玄箱付属のCD-ROMに入っているファイルたち。
一見ソースのアーカイブみたいだが、tarで展開するとバイナリが展開される。
アーカイブを/(ルート)に展開すると、バイナリやらマニュアルがそれぞれのインストール先にコピーされる。
開発ツールとライブラリは添付のものを使用し、残りは少々バージョンが古いの最新版のソースアーカイブを取ってくる事にする。

インストールしたのは・・・
[PR]
by riye_tech_2004 | 2004-09-22 02:20 | Linux(玄箱)
WindowsXPのzip解凍機能って・・・
a0003824_1455265.jpgsambaネットワーク上にあるファイルのバックアップをとるために、WindowsXPのzip圧縮機能を使用した。
バックアップ目的のフォルダの中には3つのフォルダがあり、フォルダごと圧縮した。
これで安心していた。
が、
愛用の解凍ソフトeoで解凍すると、3つのフォルダのうち1つしか解凍できない!

「やばい・・この中には今までの仕事のソースコード資産が全部入っている・・・」

eoのバグか限界なのか、ファイル総数は79,255個だ。
諦めてWindosXPの解凍機能を使ってみた。
結果は同じ・・・。
「ひょっとして圧縮に失敗していたのか?」
解凍に成功した1個のフォルダを圧縮してみる。容量は150MBほど。
バックアップを行ったzipファイルは540MBもある。
2つのサイズが異なると言うことは圧縮はできているが、解凍ができないと言うことが判明した。

ここでWindow上での解凍を諦めて、Linux上で解凍してみることにした。
Linuxのコマンドラインからunzipコマンドで解凍をしてみた。

「お願いだから解凍してね」

と祈りつつ、enterキーを押す。
無事解凍でき、3つのフォルダが復活した!

WindowsはOSとしての基本機能の詰めが甘いな~と思いつつ、
素直にLinux上でバックアップしておけばよかった。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2004-09-22 02:02 | Windows
玄箱いじり~いきなりファームウェア再インストール~
a0003824_15183511.jpgopensslとopensshをソースからビルドしてインストールした。
SSHの起動を確認して無事SSHでログインを確認して、telnetでもログイン禁止した。
ここまではよかった。
システムをリブートすると、、、
SSHログインができない!
どうもsshdの起動がミスっている模様・・・。
「しまった~!」
と叫んでも後の祭り。
ご丁寧にtelnetを止めてしまったのでシェルで何もできない。
とりあえずファイルサーバーとしては動いてはいるが、UIDとGIDがうちの環境とは違うので修正が必要だ。
それをしようと思っていたのに。

当然玄箱はキーボードもモニタ接続できないので何もできない。
本体背面のリセットボタンを3秒押してみる。
初期化されたのはsambaの設定と本体の名称やIPアドレスのみ。
困った。

ファームウェアを書き換えようと玄箱のファーム書き換えツールを起動した。
ツールは玄箱を認識できない。
どうもファーム1.02からセキュリティの関係で認識できないようにしたようだ。
非常に迷惑な仕様だ。

玄箱BBSの過去ログを見て見る。
同じように困っている人がいた。
結論は玄箱のルートパーティションを壊さないといけないらしい・・・。
とても迷惑な仕様だ。

どうにもならないのでHDDのバックアップをとる。
ファイルの退避に3時間。

それから玄箱をばらし、HDDを取り出し、USBケースにそのHDDを取り付けWindowsXPマシンで認識させる。
管理ツールでルートパーティションを削除した。

再びHDDを玄箱に取り付け。ファーム書き換えツールを起動。
玄箱を認識したところが恨めしい。
ファームを初期状態に書き換えた。

ファイル共有用のパーティションが書き換えられないことを祈った。
祈った。
本当に祈った。

a0003824_15444698.jpgシステムパーティションってルートパーティションかと一瞬喜んだが、
すべてまっさらな状態にされていた・・・・。

と言う訳で玄人志向の製品はやってみないとわからないことが多いんだね。

ちなみに・・・
[PR]
by riye_tech_2004 | 2004-09-21 15:44 | Linux(玄箱)
玄箱いじり~用途を考える~
玄箱はファイルサーバーにしては少々非力と感じるので、使い道をどうしようかと悩んでみた。

玄箱の諸先輩方の中にはVineやDebian化して楽しんでおられるようだ。
自分的には用途優先なのでこのまましばらく使用してみようと思った。
色々考えて、用途は開発用の携帯ファイルサーバーにすることにした。
(携帯といっても携帯電話とは無関係)

職場にいる時に自宅のファイルサーバにある開発ソフトやプログラムソースなどが必要になる時がある。
この場合は自宅サーバーにSSHでアクセスして、SCPでファイルを転送したりする。
会社は回線が太いのでいいのだが、それ以外の回線の細い場所に行った時に大きいファイルが必要な時にちょっと困ってしまう場面がある。

以前から持ち歩ける小型のサーバーが欲しいと思っていたが、これはと言う製品との出会いがない。
玄箱は3.5インチHDDなのでちょっとでかくて重いが、それだけ大容量なのでそれは我慢するとする。
なんといっても立派なLinuxマシンなので色々とカスタマイズできそうだ。

目標は長期で出張してもノートPCと玄箱で作業ができる環境を構築する。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2004-09-20 23:07 | Linux(玄箱)
+5Vが不安定
a0003824_1981863.jpg
メイン機はASUSのP4P800DELUXEを使用している。
TVキャプチャーカードでの録画中に+5Vの警告が出まくる。
どうも安定しない。使用している電源はTORICAの300W。
先日死んだ電源もTORICAの360Wで、その電源も+5Vの警告と言う全く同じ症状が出ていた。
警告の範囲は±10%で、画像の赤い箇所が急激に電圧が上がっている。
同じキャプチャーカードを使用しているASUSマザー(TORICA以外の電源)は警告は出ない。
グラフを見ると+12Vも安定していないような。

もうしばらく様子を見るか。

録画が終わると
[PR]
by riye_tech_2004 | 2004-09-19 19:20 | 自宅マシン怒涛の記録
金王八幡宮大祭の神輿
a0003824_18472752.jpg
久しぶりに予定のない日曜日。
神輿の宮入の写真を撮った。
関東の祭りの神輿はこのように小さいと思っていたが、富岡八幡の大祭には巨大な神輿が出るようだ。
担がれているのは見たことはないが、飾ってあるのを見たことがある。

見物の後
[PR]
by riye_tech_2004 | 2004-09-19 18:50 | 渋谷界隈