コンピュータにまつわる興味あるモノだけを扱う個人的なゆるいブログ。
by riye_tech_2004
ブログパーツ
検索
連絡先
pcnikki@gmail.com
※トラックバック送信元記事にこのブログhttp://pcnikki.exblog.jp/へのリンクが存在しない場合はトラックバックを受け付けません。ただし、エキサイトブログ同士のトラックバックには適用されません。



東京アメッシュ
GMAIL(SSL)
public: typedef Takel::Diary Observable;
スクイズ研究所
MobileBiz
Ken's Blog
眞鍋かをりのここだけの話


SonyEricsson
ノキア・ジャパン
NECわいわいモバイル
LGモバイル

TSUKUMOネットショップ
ASUS
EPSON Direct ショップ

ブログ口コミポータル話題のjp
八百万神社の杜
Windows Tipsホーム

ワールドビジネスサテライト
カテゴリ
以前の記事
<   2006年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧
進化するインターネットによるマンガ
久しぶりに素晴らしいものを発見しました。アニマル横丁です。
内容はまあ・・・ですが、その表現は素晴らしいです。
くどくないレベルの演出とマンガの域で出ないような配慮を感じるインターネット(FLASH)マンガです。
テンポも速くていいですね。
デジタルコミックの1つの良い進化系ではないでしょうか。
製作は大変そうですが・・・。
これからの漫画家やクリエイターは紙などのアナログだけではダメで、こう言ったデジタル的表現ができるとかなり強そうですね。

DEGITAL ONLINEでは他のマンガもありますが、アニマル横丁の作りが一番好きです。
マンガのネタはこれが好きです^^。

FLASHを見ていると、なんだか取り残されているような気がするのは気のせいでしょうか・・・。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-03-31 15:37 | インターネット
Subversion VS VisualSourceSafe
暇を見てVSS(VisualSourceSafe)から乗り換えるつもりでSubversionを評価していましたが、前面的に乗り換えるまでには行かないようです。
自分にとって重要な機能がSubversionにはありません。
それはファイル単位の共有機能です。

ファイル単位の共有機能は例えばC言語を例に例えると、サービス関数をまとめたファイルがあったとします。
サービス関数はソートなどのアルゴリズム処理や自分でよく使用する計算処理などをまとめたものを指します。
それをVSSのファイル共有を行うと、全く別のプロジェクトをまたいでこのサービス関数のファイルを扱うことが可能です。

Aと言うプロジェクトでサービス関数のファイルが完成しました。
Aを納品後、Bと言うプロジェクトがスタートしました。
Bでもサービス関数のソースファイルは使用します。
しかしBの作業中サービス関数にバグが見つかりました。
致命的なバグであればAのプロジェクトにも修正しなければなりません。

ファイル共有をしていない場合、Aのサービス関数ファイルとBのサービス関数のファイル2種保守をしなければなりません。
しかしファイル共有を使用していれば、Bのサービス関数でバグを修正したソースはVSSの”最新バージョンの取得する”機能で一発でAのソースを更新できます。あとはビルドするだけで済みます。

それくらいコピーすればいいじゃんと言う意見もありますが、このサービス関数を使いまわすプロジェクトが増加するたびにファイルコピーしなければなりません。
プロジェクトが30個あった場合は面倒ではないでしょうか。

こうしてソースを常に保守することで同じ作業を繰り返す必要もなく、効率的に作業を行うことができます。
私は2000年くらいからVSSを使用しはじめ、Windows以外のターゲットにも使用しています。Cで作成したソースは、コンシューマ機やPalmやBREWなどにも使いまわすことが可能なのです。
これらのプロジェクトは同一のVSSのデータベースにまとめて保管しています。
おかげでデータベースの容量は画像データなども含んでいるので数GBあります。(笑)
もちろん携帯のJavaもVSSで管理しています。(←さすがにJavaは別のデータベースに分離しました)

単一のプロジェクトで完結する場合にはファイル単位の共有機能はあまり必要はないでしょう。
しかしソースコードを成長させると言う意味では重要な機能であると思います。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-03-30 23:09 | ソフトウェア
スネオヘアー
a0003824_2342566.jpg
今日でスネオヘアーは最終回です。
結構トークは好きでした。
[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-03-29 23:42 | J-WAVEとともに
SourceOffSite 4.1
VSS2005と格闘しましたが、やっと何が悪かったのか原因がわかりました。
VSSのWEBサービスへの接続はVisualStudio2005から行わないとダメだと言うことでした。(ずっとIEでアクセスしていました・・・)
現在の開発環境が2003ベースのため、VSS2005のためにアップデートするのもなんなので使用を断念することにしました。
と言うかこんなややこしくて面倒な仕様のものは正直使いたくありません。

ついでと言ってはなんですが、前から気になっていたVSSのインターネットアクセスを実現するSourceOffSite 4.1を評価してみました。

SourceOffSiteはサーバー版とクライアント版に分かれます。
サーバー版はWindwos2003などの「サービス」として稼動します。
サービスなのでWindowsにログオンしてソフトを起動しなくても、バックグラウンドで動作します。(ログオンしなくともよい)
VSSのデータベースはLAN上の別のコンピュータ上にあってもWindows共有で登録できます。

クライアント版はVSSのクライアントとほぼ同じルック&フィールで、TCP/IP機能がプラスされた感じです。
クライアントからサーバー版にTCP/IP接続するので非常に、シンプルでわかりやすいですね。
導入もインターネットの知識があれば20分くらいで、遠隔地からインターネット経由でVSSのデータベースに接続可能です。
ただソースコードをやり取りするのでセキュリティの設定は注意深く行ったほうがいいでしょう。

使用感は便利としか言えないですね。
すぐ欲しくなってしまいました。

SourceOffSiteを使うとVSS2005のインターネットプラグインは間違った設計だと言わざるをえません。
多分競合すると問題がありそうなので、ややこしい仕様になったのではないかと思ってしまいます。


Visual SourceSafe (インターネット) プラグイン経由のデータベース アクセスを設定する
[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-03-28 23:11 | ソフトウェア
船の科学館
実は科学未来館と船の科学館が同じ場所だと勘違いしてしまい、船の科学館のチケットを買ってしまいました。(←田舎者)
a0003824_17475394.jpg
もったいないので見ることにしましたが、ここは18歳の頃から気になっていたところです。
なんと言っても建物が船の形をしているのに驚きます。
昔は交通の便が悪い場所でしたが、今はゆりかもめの「船の科学館駅」があります。

ちなみに日曜日に行きましたが非常に空いています。
ちょっと気になったのがあの笹川会長が母親を背負った銅像が何体(二体?)もありました。

a0003824_1757479.jpg
もう来ることはないと思いゆっくり鑑賞しました。
中はかなり広いです。とにかく船についての情報はすごいです。
階を進むとなんとびっくり旧日本海軍の連合艦隊の模型がびっしりありました!
ここからテンションが上がってしまいます^^;

a0003824_1757144.jpg
子供の頃はタミヤのウォーターラインシリーズをよく買ったものです。
空母の赤城や瑞鶴を思い出します。(←しみじみ)

a0003824_1757259.jpg
ウドの大木と言っても過言ではない大和もあります。
でも大和はいいですよね。

a0003824_1862275.jpg
大和の巨大な模型もあります。

a0003824_1865969.jpg
しっかりと海上自衛隊のイージス艦の模型もありました。
う~んジパング

a0003824_1893481.jpg
潜水艦コーナーもありました。
潜望鏡が体験できます。

なんだかんだで楽しんでしまいました。


船の科学館
[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-03-27 23:32 | 東京さんぽ
脳!内なる不思議の世界へ
a0003824_17353768.jpg
これが気になって、お台場の日本科学未来館に行ってきました。
ここはあのプラネタリウム製作者で有名な大平氏のメガスターがある場所です。
メガスターも気になったのですが、満席だったので断念しました。

さて脳のほうは入ってすぐ様々な哺乳類の脳のホルマリン浸けがあり、比較しながら観察できます。イルカの脳は発達しているように思えました。
特にピンとこなかったのですが、人間の脳はやはり大きさといい、しわのきめ細かさといい別格です。
やはり人類は偉大だと思いました。
手の親指の折れる方向も他の四本の指とも違いますし、足の親指の大きさも猿などに比べて大きいですし。
ちなみに親指は足の反射治療で言う脳の反射区となります。
頭痛がするときには足の親指を揉むと痛みが軽減すると言います。

会場自体は広くなく、30分もあれば全部見ることができます。
ですので見るとあまり満足感がなく、ちょっと中途半端な企画の気がしました。



脳!内なる不思議の世界へ
[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-03-27 23:31 | 東京さんぽ
Visual SourceSafe (インターネット) プラグイン経由のデータベース アクセスを設定する
いつの間にかリリースされていたVisualSorceSafe2005。
期待していたのは、ソースコードデータベースのインターネット経由のアクセス機能です。

しかし。

この設定が今ひとつよくわかりません。
ヘルプを見ているのですが、構成図がないのでヘルプ記載の語句が何をさしているのか迷います。
昨日はずっとVSS2005と格闘していましたが、未だにWEB経由でアクセスできません。。。
どうしてこのような複雑な仕様なのか開発者を呪いたくなります。
やっぱり私は愚か者なのでしょうか・・・。

現在は自力で構築しています。
IISを稼動させてやっとWEBでアクセスできるところまで行きましたが・・・。

'/SourceSafe' アプリケーションでサーバー エラーが発生しました。
--------------------------------------------------------------------------------

要求形式が認識されません。
説明: 現在の Web 要求を実行中に、ハンドルされていない例外が発生しました。エラーに関する詳細および例外の発生場所については、スタック トレースを参照してください。

例外の詳細: System.InvalidOperationException: 要求形式が認識されません。

ソース エラー:

現在の Web 要求の実行中にハンドルされていない例外が生成されました。障害の原因および発生場所に関する情報については、下の例外スタック トレースを使って確認できます。

スタック トレース:


[InvalidOperationException: 要求形式が認識されません。]
System.Web.Services.Protocols.WebServiceHandlerFactory.CoreGetHandler(Type type, HttpContext context, HttpRequest request, HttpResponse response) +491033
System.Web.Services.Protocols.WebServiceHandlerFactory.GetHandler(HttpContext context, String verb, String url, String filePath) +104
System.Web.HttpApplication.MapHttpHandler(HttpContext context, String requestType, VirtualPath path, String pathTranslated, Boolean useAppConfig) +175
System.Web.MapHandlerExecutionStep.System.Web.HttpApplication.IExecutionStep.Execute() +120
System.Web.HttpApplication.ExecuteStep(IExecutionStep step, Boolean& completedSynchronously) +155

--------------------------------------------------------------------------------
バージョン情報: Microsoft .NET Framework バージョン:2.0.50727.42; ASP.NET バージョン:2.0.50727.42


orz。


Visual SourceSafe (インターネット) プラグイン経由のデータベース アクセスを設定する
[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-03-24 00:43 | ソフトウェア
C MAGAZINE休刊のお知らせ
17年にわたりご愛読いただいてきた月刊『C MAGAZINE』ですが、3月18日発売の4月号をもちまして休刊することとなりました。
永きにわたり、毎月発売を楽しみにしていただいた読者のみなさま、ならびにご協力をいただきました執筆者のみなさま、関係者のみなさまには、心より感謝いたします。

a0003824_0251928.jpg一つの時代が終わった気がしますが、色々とお世話になった雑誌です。
最近は買っても読まずに放置していましたが、後から役に立つのが技術雑誌です。
とは言えインターネットに様々なアーカイブや技術系掲示板やML(メーリングリスト)が存在する今となっては、消え行く運命なのでしょうか。

さらばCマガ。
ありがとう。


まるまるC MAGAZINE for DVD -1989~2003年度版-
C MAGAZINE
[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-03-24 00:26 | フリートーク
目黒寄生虫館
a0003824_20441581.jpg
前から気になっていた目黒寄生虫館に行ってきました。
JR目黒駅から10分弱歩いたところにひっそりと開いています。
先人の様々な犠牲と研究の上で我々の安全は保たれているのだと実感しました。
海外に行く際は、なま物は絶対口にしないと思いました。(日本も危険と言えば危険ですが)
[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-03-21 23:35 | 東京さんぽ
702NK解約
結局ほとんど使わなかった702NK を解約しました。
1年割引の違約金4200円って一か月分の料金とほぼ同じ額です。
1年割引の解約可能な時期って1年のうちで限られているので解約は面倒なんですよね。

そんな中こんなニュースが・・・。
ソフトバンク、ボーダフォンを1兆7500億円で買収
ソフトバンクはVodafoneの日本法人・ボーダフォンを買収することで合意したと正式発表した。買収総額は1兆7500億円。
 英Vodafone Groupとソフトバンクは3月17日、同社日本法人であるボーダフォンのソフトバンクへの買収に合意したと発表した。97.68%の株式を譲渡する。買収金額は89億ポンド(約1兆7500億円)。

1.7GHz帯のサービスで面白い端末が出るのではとちょっと期待していたのに、これでは足かせが多くて思い切った行動がとれないのではないかと思ってしまいます。
とにかくわかりやすい機種ラインナップにして欲しいですね。

これとは関係ありませんがボーダフォンのIPサーバーが近々増えるようです。


ソフトバンク、ボーダフォンを1兆7500億円で買収
ソフトバンク、ボーダフォン買収に合意 ヤフーも参加
[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-03-17 22:31 | 携帯ライフ