コンピュータにまつわる興味あるモノだけを扱う個人的なゆるいブログ。
by riye_tech_2004
ブログパーツ
検索
連絡先
pcnikki@gmail.com
※トラックバック送信元記事にこのブログhttp://pcnikki.exblog.jp/へのリンクが存在しない場合はトラックバックを受け付けません。ただし、エキサイトブログ同士のトラックバックには適用されません。



東京アメッシュ
GMAIL(SSL)
public: typedef Takel::Diary Observable;
スクイズ研究所
MobileBiz
Ken's Blog
眞鍋かをりのここだけの話


SonyEricsson
ノキア・ジャパン
NECわいわいモバイル
LGモバイル

TSUKUMOネットショップ
ASUS
EPSON Direct ショップ

ブログ口コミポータル話題のjp
八百万神社の杜
Windows Tipsホーム

ワールドビジネスサテライト
カテゴリ
以前の記事
<   2008年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
生キャラメル
a0003824_23422768.jpg
あの「花畑牧場の生キャラメル」にこんなに早く出会えるとは!
感動の舌鼓
歯につきません!(笑)
新味のチョコレートも大人の味で素敵です。


[PR]
by riye_tech_2004 | 2008-06-27 23:42 | 食わなきゃ死ぬ
さくらんぼ
a0003824_23393935.jpg
師匠の娘様から山形のさくらんぼを頂きました。
果物はわざわざ買ったりしないので、とてもうれしい!


[PR]
by riye_tech_2004 | 2008-06-27 23:39 | 食わなきゃ死ぬ
鼠先輩
a0003824_21451972.jpgぶーちゃん(友人)から教えてもらった鼠先輩
微妙ながら売れそうな香りをしていたのに、やっぱり売れました。

六本木~GIROPPON~
頭の中でぐるぐるしています。

とりあえず、Youtubeと着うたではヒットしいるもようです。
何よりも動画サイトと着うたサイトで盛り上がっているのは時代を表しています。

80年代テイストがたまらないです。




公式ブログみずかけ論
[PR]
by riye_tech_2004 | 2008-06-17 21:53 | おもしろいもの大好き
chumby(チャンビー)日本上陸
a0003824_23102966.jpg
前から気になっていたchumbyが日本で発売されるようです。

chumbyはネットワーク機能内蔵の据え置き型PDAと言うか、ラジオや目覚まし時計が進化したイメージでしょうか。


値段が2万円台と言うことでちょっと微妙なのですが、個人的に期待度70%くらいですね。

チャンビーは、米Chumby Industries社が開発した、3.5インチQVGAタッチスクリーン液晶内蔵の小型端末。外形寸法は約14 (幅) × 11 (高さ) × 8 (奥行き) センチ、350MHz ARMプロセッサと64MB RAMを搭載、2基のUSB 2.0ポートも装備。Linuxベースのシステムを採用、内蔵された無線LANチップを利用してインターネットに接続できる。サウンド機能にくわえ、スクイーズおよびモーションセンサを内蔵、ゲームなど幅広い用途に活用可能。

提供されるアプリケーション (ウィジェット) も豊富。Flash Lite 3の機能を利用して開発されたウィジェットは、目覚まし時計やゲームといったものから、ビデオ / サウンドプレイヤー、メールクライアント、YouTube視聴ツールまで、現時点で600種以上が無償公開されている。

詳細





国内発売前にチェック、Chumbyのすごいところ
chumby がすばらしすぎる件
[PR]
by riye_tech_2004 | 2008-06-16 23:26 | 気になるグッズたち
USBマイクロスコープ
USBマイクロスコープHUSB-759CA

これは面白いものを発見!

USBマイクロスコープではありませんか!
これを使えば長年の夢であった自分の耳の穴の中をみることができてしまう・・・。
LEDライトついてるし。
しかもPCに接続して画像を取得できるので、ブログにアップできるじゃないですか。
耳の穴の。。

耳の穴の中はどうでもいいとして、植物とか昆虫とかみると面白そう。
・・・昆虫は見ないほうがいいか。

昔美容師に

「あなたの頭皮は疲れている」

と言われてずっと気になっているので頭皮も見たいかも。




USBマイクロスコープ
[PR]
by riye_tech_2004 | 2008-06-15 05:42 | おもしろいもの大好き
デスクトップマシンの新調#3~システムコマンダー~
前回の投稿でインストールするOSについて書きました。

それで1台のPC(1台のHDD)に安全に4つのOSをインストールする方法をご紹介します。

このソフトを使用します。

システムコマンダー9

です。

実はこのソフト、7~10年くらい前には必需品だったのですが、ここ数年はVMWareのお陰で実OSを使い分ける必要もなくなり、すっかりバージョンアップもせず忘れていました。
しかし、どーしても仮想OSではなく、実OSをインストールしなけれならないことになったので、久しぶりの購入したのでした。

システムコマンダーを使う場面はいくつかあるのですが、

1つ目はWindowsのソフトを開発した際、対応させるOS上で動作テストを行う必要があります。そのOSの種類毎PCを用意すればいいのですが、それだとコストがかかります。
そう言う場面で1台のPCに複数のOSをインストールして、PCの節約を行います。

2つ目はOSの切り替え時期です。最近だとWindowsXPとWindowsVistaを絞りきれない場合が考えられます。
もしくは両方使用したい場合は1台のPCに上記2つのOSをインストールして、不測の事態に備えます。
昔の話で言えば、Windows2000が登場する以前はWindows98ではゲームで遊び、仕事ではWindowsNT4.0を使う、と言った感じです。

3つ目は1台のPC(のHDD)にOSを3~4つインストールする場合です。
システムコマンダーがなくても、WindowsXPやVistaのデュアルブートは可能ですが、Windowsのドライブレターと言う仕様上、どうしても2つのOSのインストール場所はCドライブとDドライブになってしまいます。
これが非常に面倒な仕様で、デュアルブートのやる気をなくします。(←昔はそれでも頑張ってやっていたこともある若かった自分)

でもでもでも、

システムコマンダーを使えば、なんと2つのOSはそれぞれCドライブとしてインストール可能です。(←VistaはDドライブにインストールしてもCとして認識できるようです。未確認)それはOSを4つインストールしても同じで、さらに、別のOSをインストールしたパーティションを隠したり、見せたりできるのです。

以上がシステムコマンダーを使う理由です。
これを使うことにより、
・WindowsXP Pro(32ビット版)
・WindowsXP Pro(64ビット版)
・WindowsVista Ultimate(32ビット版)
・WindowsVista Enterprise(64ビット版)
の4つのOSをインストールすることが可能なのです。

4つと言わずもっとインストールすれば?
と言う意見もあるかもしれませんが、Windows系のOSは基本パーティションにしてインストールすることはできません。(←拡張パーティションにはインストールできない)
そしてAT機(DOS/V)の仕様では、基本パーティションは1台のHDDに4つまでしか作成できないのです。



[PR]
by riye_tech_2004 | 2008-06-15 04:36 | 自宅マシン怒涛の記録
デスクトップマシンの新調#2~OSについて~
注文時は、
OS:-- Windows Vista(R) Home Premium 正規版(日本語版)
にしました。
ですが、Vista 32ビット版なので動作確認後消去しました。

久しぶりのデスクトップPCと言うことで、PC日記流にカスタマイズします。
OSは下記の4種インストールしました。
・WindowsXP Pro(32ビット版)
・WindowsXP Pro(64ビット版)
・WindowsVista Ultimate(32ビット版)
・WindowsVista Enterprise(64ビット版)
4種のOSを1台のPCに安全にインストールするには、ちょっとコツがあるのですがこの話題は後日しようと思います。

さてせっかくの64ビットCPUであるCore2Duoをチョイスしたので、64ビット化したい思いがあります。
今回VMWareを激しく活用する目的もあり、メモリは4GBにしました。
ちょうどタイミング的に安い時期でもあったのよかったです。
メモリ:-- 4GB(1GB x4) デュアルチャネル DDR2-SDRAMメモリ、3/25から28,350円値下げしました。大容量でマルチタスク処理にも優れたパフォーマンス !

ところで32ビットOSはビット長が32ビットしかありませんので、アドレス空間は4GBが上限です。
が、マザーボートのI/Oポートがこの4GBの物理アドレス空間に割り当てられていますので、実際は4GBのメモリをフルに使うことができません。
32ビットOSでは3.25GBまでしか認識しないのです。
これはよく使われている理由です。

本当はWindowsXP(32ビット版)はCPUの物理アドレス拡張(通称PAE)がONになっているので、アドレス空間は32ビットから36ビット、64GBのメモリが利用できるはず(マザーボードの対応が必要)なのですが、すべてのドライバがPAEに対応していない、またはちゃんとデバッグされていない、のでWindowsXP SP2からは4GBに制限されているのです。

という訳で4GBフルに使用したい場合や4GB以上のメモリを使用したい場合は、64ビットXPかVista、あるいはWindows2003EnterpriseEditionを採用する必要があります。

新環境では64ビット版Windows Vista Enterpriseをメイン環境にして、32ビットOSが必要な場合はVMWareのゲストOSの32ビット版XPを利用して対応するつもりです。
なんだかんだ言っても、Vistaは安定しているので使いたいのです。

最後になぜ32ビット版のXPとVistaをインストールしているのか?
・・・3Dの開発ができないからです。



デスクトップマシンの新調#1~ハードウェア構成~
[PR]
by riye_tech_2004 | 2008-06-12 03:20 | 自宅マシン怒涛の記録
デスクトップマシンの新調#1~ハードウェア構成~
しばらく忙しいせいもありつつも、ブログに対する意欲やテンションが下がっていました。
とにかく、ネタになるような面白いものが減ってきたような気が・・・。
自分が書かなくても誰かがきっとネタにしている、そんなブログ普及がしまくっているのも要因の一つかと思います。

そもそもこのブログを始めたキッカケは日々のPCライフを記録することですから、また初心に帰ってゆるく再開しようかと考えてみました。

さて、しばらく携帯から写真を投稿していましたが、自宅の開発マシンを新しくしました。
それまではEPSONダイレクトのノートPCを使っていたのですが、CPUとGPU同時に負荷をかけると電源が落ちてしまうと言う問題に突き当たり、このまま無理して使用を続けるのも怖いのでマシンを購入することにしました。(←バッテリ搭載のノートPCの電源が落ちるってどういうこと!?)

さすがにノートPCでの開発は、

・HDDが遅い
・EPSONのキーボードがどうしても好きになれない
・音が超うるさい

等等の理由で懲りたので、今回は再びデスクトップに戻ることにしました。
今ではどこのマシンを見てもほぼ同じ内容なので、シンプルで安いDELLに決めました。
スペックは以下の通りです。

----------------------------------------------------
Inspiron 530s 高性能・本体のみパッケージ - ネットワークコントローラ(オンボード), Windows Vista(R) Home Premium 正規版(日本語版)-- ネットワークコントローラ:-- ネットワークコントローラ(オンボード)
-----------------------
-- CPU:-- インテル(R) Core(TM) 2 Duo プロセッサー E6750 (4MB L2 キャッシュ、2.66GHz、1333MHz FSB)
人気アップグレード! エネルギー効率に優れたマルチタスク処理機能!
-----------------------
-- デル製キーボード+マウス:-- Dell Entry 日本語キーボード(USB、黒)+Dell マウス (USB、黒)
-----------------------
-- メモリ:-- 4GB(1GB x4) デュアルチャネル DDR2-SDRAMメモリ、3/25から28,350円値下げしました。大容量でマルチタスク処理にも優れたパフォーマンス !
-----------------------
-- グラフィックコントローラ:-- ATI(R) RADEON(R)X1300 Pro 256MB DDR(DVI/TV-Out付)
人気アップグレード
-----------------------
-- ハードディスク:-- 500GB SATA 3.0Gb/s NCQ HDD
大容量で、多くの写真、音楽を保存!
-----------------------
-- 3.5インチベイ用ドライブ :-- ドライブなし
-----------------------
-- OS:-- Windows Vista(R) Home Premium 正規版(日本語版)
-----------------------
-- モデム:-- モデムなし
-----------------------
-- 光学ドライブ:-- DVD+/-RWドライブ(DVD+R 2層書込み対応)
-----------------------
-- デル製モニタ:-- デル E248WFP 24インチワイド TFT液晶モニタ (ブラック)
-----------------------
-- マイクロソフトOffice製品:-- 【同時購入限定】Microsoft(R) Office Personal 2007 & Adobe Acrobat8.1
-----------------------
-- デルケア [パソコン本体の保証]:-- 標準 - 1年保守 [引き取り修理]
-----------------------
-- ハードディスクリカバリーイメージ :-- (Vista用)デル 工場出荷イメージ(ハードディスク格納)
-----------------------
-- Misc 6:-- PCリサイクルマークシール あり
-----------------------
-- パッケージディスカウント:-- パッケージディスカウント 68,200円OFF(税込) (PDOT3215)
-----------------------


DELL商法で、13万円以上で15%OFFだったので、思い切って24インチWUXGAの液晶モニタをつけました。
安い!



デスクトップマシンの新調#2~OSについて~
[PR]
by riye_tech_2004 | 2008-06-09 10:24 | 自宅マシン怒涛の記録