コンピュータにまつわる興味あるモノだけを扱う個人的なゆるいブログ。
by riye_tech_2004
ブログパーツ
検索
連絡先
pcnikki@gmail.com
※トラックバック送信元記事にこのブログhttp://pcnikki.exblog.jp/へのリンクが存在しない場合はトラックバックを受け付けません。ただし、エキサイトブログ同士のトラックバックには適用されません。



東京アメッシュ
GMAIL(SSL)
public: typedef Takel::Diary Observable;
スクイズ研究所
MobileBiz
Ken's Blog
眞鍋かをりのここだけの話


SonyEricsson
ノキア・ジャパン
NECわいわいモバイル
LGモバイル

TSUKUMOネットショップ
ASUS
EPSON Direct ショップ

ブログ口コミポータル話題のjp
八百万神社の杜
Windows Tipsホーム

ワールドビジネスサテライト
カテゴリ
以前の記事
タグ:インターネット ( 14 ) タグの人気記事
イーモバイル発表
a0003824_846165.jpg
ちょっと遅くなってしまいましたがイーモバイルネタです。
最近の東京の大型量販店の店頭デモは目をひきます。
特に秋葉ヨドバシの1Fではいち早くその通信速度を体感できます。
下り3.6Mbps(上り384Kbps)ですのでADSLに慣れた体には普通に速いです。
残念ながら話題のEM・ONE(←音声がうるさいので注意)はモックのみの展示でした。

イーモバイルはADSLで有名なイーアクセスがソフトバンクと共に携帯事業参入で話題になりましたが、ついに表舞台に出ました。
音声通話サービスで参入かと思っていましたが、データ通信サービスでした。

3月31日からサービスインですが、そのサービス価格帯が戦略的で魅力です。
月額5,980円で上記速度が使い放題です。
サービスエリアが拡大するとAirHのデータ通信プランの影が薄くなりそうですね。(←定額の月額利用価格が同等なのです)

・・・ちなみに、私はこちらのアイピーモバイルのサービスインを心待ちにしております。



イー・モバイル株式会社
イー・モバイル、3月31日から携帯事業スタート──シャープ製のHSDPA端末「EM・ONE」を投入
写真で解説する「EM・ONE」


[PR]
by riye_tech_2004 | 2007-02-27 09:13 | 携帯ライフ
フラット化する個人投資家
まだ読み終わってはないのですが、フラット化する世界を読んでいます。
ハードカバー本なのでなんとなくとっつきにくいのですが、読み始めると面白いです。
まだ1/3くらいなのですが、アメリカの企業はカスタマーサポートにインド人を現地採用(インド国内)して、電話を通じてリアルタイムにアメリカ国内の電話によるカスタマサポートを依頼していると言う話が載っていました。

テレビか何かで聞いた話ではありましたが、アメリカ国内にはいないインド人たちはさもアメリカ国内にいるような感覚でアメリカ人相手に電話サポート業務を行っているのです。
さらにインド訛りの英語をできるだけ話さないようにアメリカ英語の標準発音を勉強していると言う話を読み、どんどん進化しているなと驚きました。
すでに生産工場だけではなく、顧客営業窓口まで海外にシフトしている時代になったのかと、いろいろ考えさせられました。

まさにフラット化する世界。
通信インフラを駆使すれば、世界の国々に行かなくても仕事ができる時代になったのです。
もちろん多少の言語の壁を乗り越えられる人たちですが。

それを頭に置きつつ、この記事を読み、フラットな世界が投資についても近づいているようです。

ネットを使えば海外投資が容易にできる時代になった

多少の英語力で海外の証券口座を開設できるのであれば、やってみる価値はありそうです。
分散投資とか儲かる儲からないの話は置いておき、英語を勉強する理由にもなりますし、マンパワーがレベルアップしそうな気がします。




[PR]
by riye_tech_2004 | 2007-02-07 23:46 | さえない投資の話
老舗SNS?「このゆび止まれ!」
何気に目に留まったこのニュース。
インデックス HD、「ゆびとま」株式譲受に関する基本合意を解消

株式会社インデックス・ホールディングス(インデックス HD)は9日、10月30日に発表した、株式会社ゆびとまの株式譲受に関する基本合意を解消したことを発表した。

ゆびとまは、登録会員数は約350万人の同窓会支援コミュニティサイト「この指とまれ!」を運営している。

インデックス HD は株式会社日本スポーツ出版社との間で、ゆびとまの発行済み株式5,100株(50.5%)の譲受に関する基本合意を結んだことを先日発表したばかり。

同社は基本合意の締結以来、日本スポーツ出版社およびゆびとまの役員との間で協議を行ってきたが、諸条件において調整が付かず取引成立のための検討を継続するべきではないとの結論に至ったとしている。

今回の合意解消に関しては、11月7日にインデックス HD より日本スポーツ出版社に対して申し入れ、9日に受諾されたという。


a0003824_0294579.gif記事の内容に関してはどうでもよかったりするのですが、何故目に留まったのかと言うと、1996,7年ごろ「このゆび止まれ!」に登録していました。
「このゆび止まれ!」(略してゆびとま)とは、簡単に説明すると自己申告型のネット同窓会名簿です。
自分の在籍した母校の登録者を検索して、知り合いがいたら連絡をしてハッピーになれるかも知れないと言うサイトです。

サイトを利用した当時はまだインターネットをやっている人も少ない頃でした。
でも登録すると一人だけ高校の時の部活の友人から連絡が来ました。(←メールです)
しかし返事を出しても返ってきやがらないので結局会うまでには行きませんでしたが、ネットの力を感じました。
その頃は会員登録しなくても登録者を閲覧できましたが、ネット人口が増えるに従い会員登録が必要になったのでやめてしまい現在に至ります。

地味に続いているようで、久しぶりに登録してみようかな、と密かに思いました。
きっと昔に比べて知り合いの登録者数も増えているかもしれません。

田舎の友達が、どんどん減っていくと感じる初冬の夜・・・。


このゆび止まれ!


[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-11-15 00:48 | インターネット
瞬間1位
a0003824_156264.jpg
他のランカーの方の集計の合間をぬって、、、
念願の1位をゲットしました♪

クリックして頂いた方は秀樹感激です(うるうる)



[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-11-09 01:58 | フリートーク
Google for Your Domain
a0003824_9132416.gifmobilebiz様のブログで情報をキャッチしました。
何だかすごく私のハートにビンビンくるサービスの気がしました。
Google for Your Domain(Google アプリ 独自ドメイン向け)は、独自ドメインでGMAILを無料で運用できるサービスなのです。
例えば、pcnikki@gmail.comがinfo@pcnikki.jpみたいにできちゃうサービスなのです!(←どちらも架空なので存在しません)

ドメイン取得業者から取得したドメインの、DNSのMXレコードを書き換えることが可能な業者の場合、このサービスが利用できます。
もちろん自前のDNSサーバーを持っていれば、もっと簡単に導入できるでしょう。

一般庶民(でなくても)であれば、ここと、ここと、ここで、非常にお安く独自ドメインのWEBサイト+GMAILを構築&運用できそうですね。

ちなみにVALUE-DOMAIN.COM(バリュードメイン) は、管理画面からMXレコードの書き換えができるようです。
そしてさくらインターネットのレンタルサーバーは、サブドメイン契約でも制限つきですが独自ドメインで運用可能です。
さらにGMAILは複数のアカウントを申請可能です!

ちょっと遊んでみようかな。


[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-11-04 09:31 | インターネット
Binary Hacks
a0003824_328661.gif硬派なコンピュータ技術書で有名なオライリーからHackシリーズ本の最新刊Binary Hacksが2006年11月11日に発売されるようです。

さて、わからない方はBinary(バイナリ)って何?って話になるかと思いますが、わかりやすい例で説明すると、バイナリファイルとテキストファイルをあげるといいでしょうか。

バイナリファイルは基本的にコンピュータ(ソフトウェア)しか理解できないファイルを意味し、アドビアクロバットのPDFやマイクロソフトWORDのDOC、FLASHのSWFや圧縮ファイルであるZIPなどがあげられます。(←あげるとキリがない)
他方でテキストファイルは人間も理解(視認)できるファイルです。例えばテキストと呼ばれるTXTやブラウザのHTML(HTM)、表計算のCSVなどです。

※人間が理解できるできないの基準は一般の人と言う意味で、厳密に言えばコンピュータは人間に作ったものである以上、そのソフトウェアなどを製作した技術者であればバイナリの意味は理解できます。

Binary HacksではC言語などのコンパイルをしてバイナリを吐くプログラミング言語をテーマにした、OSに密接なプログラミングをテーマにした一冊です。
近年ではWEB系のバイナリを吐かないスクリプト言語が流行っていますが、深くコンピュータを理解したい人は読んでみてはいかがでしょうか。



[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-11-03 03:52 | フリートーク
激安ドメイン
フリーのプログラマをやっている友人から久しぶりに電話がかかってきました。
話はいつもディープな技術ネタなのですが、彼は携帯電話のファームウェアを作ったりしているので話を聞いているととても興味深いです。

そんな話の中で、友人が利用している独自ドメイン取得先をなんとなく聞いてみました。
VALUE-DOMAIN.COM(を利用しているそうなのですが、その販売価格を見てびっくらこきました。
comドメイン税込790円(1年契約)って!
ちなみに大手のお名前.comではcomドメイン1年契約で税込3990円です。

尋常でないプライスがおわかりになると思います。



[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-10-27 21:25 | インターネット
ブログ製本サービス「MyBooks.jp」
前々から自分のブログをPDF化したいと考えていたが、エキサイト有料サービスに申し込む必要があったので躊躇していました。
しかし本日MyBooks.jp提携のアナウンスがエキサイトからありました。
なんと無料でブログをPDFしてくれ、さらに有料で製本化をしてくれるサービスなのです。
早速試してみました。
手順はとっても簡単でした。
a0003824_18142842.jpg
こんな感じです。
ちょっと感動です。
ただコメントとトラックバックを付加するとページ数の上限をオーバーしてしまい、全部PDF化できませんでした。
次は記事のみにし、年毎に分けたほうが良いかも知れません。
あとサーバーが混雑しているらしく、出来上がりにちょいと時間がかかります。

これはヒットするサービスの気がします。
印刷して友人などに配布もできますしね。


MyBooks.jp


[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-10-19 20:20 | インターネット
gmailのススメ
相変わらず実家の親父からの質問で一番多いのがメールの不具合です。
1つのアカウントに対して、Windowsでメールを受けたりMacで受けたりとややこしいことをやっているので、OutlookやMacのメールについて質問がよく来るのです。
しかも適当に設定をいじっているので、電話では状況把握ができずよくわからないのでいつも困っていました。

そこで最近日本でもベータ公開されたgmailをススメました。
と言うか管理が面倒なので強制的に乗り換えてもらいました。
gmailアカウント取得後、旧メールアカウントはプロパイダのコントロールパネルで転送設定ができるのでgmailアカウントに転送設定して作業は終わり。

あとは延々使い方を説明しました。
一通りメールの送受信ができるようになるとWindowsやMacでもブラウザを通じて同じメール環境が利用できるのでとても喜んでいました。

それでなぜgmailをススメたか言うと、迷惑メールフィルタが結構優秀だからです。
親父の旧アドレスは何年も使い込み、いろいろなWEBサービスに手を出してしまっていたので迷惑メールの受信がハンパな数ではなく、大事なメールも見落としていたと言う状況でした。

先に自分の迷惑メールがいっぱい来るアカウントで、gmail宛てに転送させて評価してみたところ自分の受信メールでは99%迷惑メールを弾いてくれました。
捨ててしまいたい衝動にかられたアカウントが息を吹き返した感じです。

また送信メールに広告が付加されないのも好印象です。
容量もでかいですしね。


Gmail へようこそ
Gmail ログインURLのまとめ


[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-10-09 18:12 | インターネット
ASAHIネットの追加メール解約
ASAHIネットはダイヤルアップ時代にはじめて入会したプロパイダです。
メールアドレスを維持するために維持費用だけ払って未だに契約中です。
もうすぐ10年になるでしょうか。

数年前に自作フリーソフト公開時の連絡用にメールアカウントを1つ追加しました。
プライベート開発用に使い分けようと思った訳です。
当時は今のような激しいスパムメールなどほとんど無かったので、WEB上にメールアドレスを公開していました。
当時はリンクの依頼や海外からの問い合わせ等があり、それなりに賑わっていました。(←サイトは時代が変わったのですでに閉鎖)

今ではそれが裏目に出てスパムメールの受信専用状態・・・。
毎日100通近く処理するのはさすがに疲れました。
このアカウントで登録したと思われるサイトに関しては別のアカウントに登録し直し、
しばらく様子を見ましたが重要なメールももう来ないだろうとと言う見切りがついたので、解約することにしました。

「もうWEB上でメールアドレスは2度と公開しない」

と心に密かに誓うのでした。



[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-06-18 16:58 | インターネット