コンピュータにまつわる興味あるモノだけを扱う個人的なゆるいブログ。
by riye_tech_2004
ブログパーツ
検索
連絡先
pcnikki@gmail.com
※トラックバック送信元記事にこのブログhttp://pcnikki.exblog.jp/へのリンクが存在しない場合はトラックバックを受け付けません。ただし、エキサイトブログ同士のトラックバックには適用されません。



東京アメッシュ
GMAIL(SSL)
public: typedef Takel::Diary Observable;
スクイズ研究所
MobileBiz
Ken's Blog
眞鍋かをりのここだけの話


SonyEricsson
ノキア・ジャパン
NECわいわいモバイル
LGモバイル

TSUKUMOネットショップ
ASUS
EPSON Direct ショップ

ブログ口コミポータル話題のjp
八百万神社の杜
Windows Tipsホーム

ワールドビジネスサテライト
カテゴリ
以前の記事
タグ:サーバー ( 11 ) タグの人気記事
Lルートサーバのアドレス変更
11月1日よりLルートサーバーのIPアドレスが変更になりました。
一般の方はあまり関係のない話ではありますが、DNSサーバーを立てている方は変更する必要があります。

半年間の猶予はあるものの、早めの対応が肝要ですね。
と言うわけで自宅のnamed.caを差し替えました。



新たなルートヒントファイルへの更新を
L.root-servers.net の IP アドレス変更に伴う設定変更について


[PR]
by riye_tech_2004 | 2007-11-04 21:49 | 固定IPサーバーの記録
ドライブドア
a0003824_22533646.jpg
ファイルサーバーの残り容量が3GBを切ると、さすがに心落ち着かない日々を送ってしまいます。
精神的によろしくないので増設することにしました。

現在のファイルサーバーはミドルタワーケースなので、物理的にHDDが4台ほどしか積めません。
新規にサーバー機を組もうかとも考えたのですが、そうすると電源の問題だとか電気代の問題だとか予算の問題だとか手間の問題だとか・・・色々面倒なので、今回は外付けケースを用いて最低限の出費と手間で妥協することにしました。

どの外付けケースにするか迷いました。
最近では大容量の需要が高いためか、様々な外付けケースが販売されています。
その中で150Wの電源と、HDDの設置が筐体前面から行え、熱対策もそれなりにとられているセンチュリーのドライブドアにしました。

コンバインモードで4台のHDDを1ドライブにまとめることが可能ですが、経験上この手の機能は絶対使いません。4台のうちどれかのドライブが壊れると、最悪の場合他のドライブのデータも道連れにされてしまうからです。

HDDはとりあえず300GBを2台購入しました。

a0003824_2382913.jpg
ファイルサーバーは古いPCなので、USB2.0がありません。
別途USB2.0のカードを取り付けるため、玄人志向のUSB2.0N-LPを購入しました。
PCIカード挿すのってずいぶん久しぶりの気がします。

30分もあればドライブドアにHDDを2台取り付け、USB2.0カードも挿すことができました。
サーバーはWindows2003なのでドライバも問題なく認識しました。
しかしNTFSフォーマットがすごく時間がかかりました。



ドライブドア
ファイルサーバーが足らん


[PR]
by riye_tech_2004 | 2007-03-18 23:14 | 自宅マシン怒涛の記録
RedHatクローンのCentOS5,β版リリース
 CentOS Projectは2007年3月13日,Red Hat Enterprise Linux 5(RHEL5)のソース・コードを用いてビルドしたLinuxディストリビューション「CentOS 5」のベータ版を公開した。

 2007年3月14日にはRHEL5が発表されているが,今回公開されたCentOS 5のベータ版は,2006年11月16日に公開されたRHEL5のベータ2版のソース・コードを用いている。CentOS Projectによると,CentOS 5正式版については,RHEL5発表後2週間以内でのリリースを目標にしているという。

RadHat5のリリースに伴い、CentOS5も近々リリースされるようですね。
すごく重そうなので当面はCentOS4でいいかなーと個人的には思います。



RHEL5互換のCentOS 5,ベータ版が登場
RedHat Enterprise Linux 5が正式リリース


[PR]
by riye_tech_2004 | 2007-03-17 14:52 | Linux(CentOS)
CentOS FAQ 日本語版
CentOS FAQが公開されました。
CentOSを知るためには良いサイトだと思います。

Linuxを利用する場合、ある程度の知識は必要ですが、CentOSなどのRedHatクローンOSはその敷居をかなり下げてくれます。
ディストリビュータから配布されているバイナリパッケージを利用している限り、Windowsで言う、WindowsUpdate相当の自動更新の恩恵を受けることが可能だからです。
その代わり、それ以外のサポートは一切ありませんので、自己責任での運用が前提ではあります。

デフォルトのバイナリパッケージを利用するにはパフォーマンス面でのデメリットはありますが、サーバー管理に余計な時間を時間を割かないメリットは大きいと思います。
自宅ではVMWare上で常時CentOSが稼動していますが、かなり安定しています。

安定してるとは言え、最低限各種ログのチェックは毎日やっていますが。



CentOS FAQ 日本語版


[PR]
by riye_tech_2004 | 2007-02-15 08:24 | Linux(CentOS)
ファイルサーバーが足らん
VMwareをガンガン使っているので、バックアップだとか色々と準備していると仮想マシンのファイルが結構たまりました。
HDDをどんどんどんどん消費します。
現在は使用頻度の少ないデータを消したりして、残り5GBくらいを維持しながら細々とやっています。(←もういや)

メインのファイルサーバーはPCケースがミドルタワークラスなので、HDDをもう積めないのです。
今までの経験からすると、こう言うタイミングで何かが起こるので早々に準備をしようと考えています。

一から組もうか迷うところですが、エプソンダイレクトのサイトを眺めていると、何だか素敵なPCを発見しました。Endeavor Pro4000です。

a0003824_492315.jpg何が素敵かって、このHDDを前から増設&交換できると言う不精な自分にはピッタリのケースを採用しているからです。
スペック的にはBTOでカスタマイズできるのはもちろん、メモリが8GBまで対応しているのも要チェックです。
自宅サーバーにふさわしい一台です。

と言いつつももうちょっと他を見てみます。



ファイルサーバー死亡


[PR]
by riye_tech_2004 | 2007-02-01 07:33 | 自宅マシン怒涛の記録
世界最初のWEBサーバー
世界で最初のWEBサーバーを見つけました。
なんとNeXTだったのですね!
NeXTは昔欲しかったんですよね~。
高くて買えなかったけど。



世界最初のWWWサーバー


[PR]
by riye_tech_2004 | 2007-01-13 08:19 | フリートーク
管理ツールHinemos
HinemosとはNTTデータのオープンソースプロジェクトで、何のソフトかと言えばサーバー管理ツールです。
大手企業の成果物をオープンソースで使用できるのは、最近の世の中の流れとは言えうれしい限りです。

機能は以下の通り。
(1)リポジトリ情報管理機能:
本ソフトウェアのメイン機能。各種機能が共通で使用する、グループ構成やノード構成の情報を管理します。

(2)状態監視機能:
イベントログ情報の集中監視を可能とします。グループ単位での表示ができます。

(3)性能管理機能:
CPU使用率などのリソース情報を、グループまたはノード単位でリアルタイムグラフ表示することができます。さらに、リソース情報の保存・表示や閾値監視も行うことができます。

(4)ジョブ管理機能:
ユーザ作成ジョブを、複数ノードを連携させて定義・実行することができます。

(5)一括制御機能:
複数ノードへのパッチ適用などを、簡単なGUI操作のみで、容易に実行することができます。

(6)アクセス管理機能:
各種機能を操作するHinemosユーザアカウントの管理を行います。オペレータ毎のログイン認証と操作単位でのアクセス制御が可能です。

(7)カレンダ機能:
祭日などのカレンダ情報をもとにジョブの実行の有無を制御できます。

(8)プロセス監視機能:
監視対象ノードのプロセス情報を取得して監視を行います。監視結果として指定されたプロセスの数を取得し、閾値判定を行うことができます。

(9)SQL監視機能:
DBMSに対して指定のSQL文を実行して、その結果に対して監視を行います。監視結果として得られた数値・文字列に対して、閾値判定・正規表現によるパターンマッチを行うことができます。

(10)SNMP監視機能:
SNMPポーリングによって取得した値により監視を行います。監視結果として得られた数値に対して、閾値判定を行うことができます。

ver2.1で新たに以下の機能が追加されました。

(1)アプリケーションログ監視機能:
任意のアプリケーションログに対して監視を行います。監視結果として得られた文字列に対して、正規表現によるパターンマッチを行うことができます。

(2)SNMPトラップ監視機能:
SNMPトラップを受信し、通知を行うことができます。

(3)HTTP監視機能:
HTTPプロトコルを用いてWebサーバの状態の監視を行います。 HTTPリクエストの応答時間での閾値監視、取得したページの文字列マッチングを行うことができます。
※各監視結果は、イベント情報・ステータス情報として表示可能であるほか、メール通知も行うことができます。

SorceForgeからダウンロードできます。

マネージャの動作OSはRHELですが、CentOSも行けそうですね。
暇を見て評価しようと思います。


Hinemos
SorceForge
Hinemos開発日記


[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-11-07 08:45 | ソフトウェア
Google for Your Domain
a0003824_9132416.gifmobilebiz様のブログで情報をキャッチしました。
何だかすごく私のハートにビンビンくるサービスの気がしました。
Google for Your Domain(Google アプリ 独自ドメイン向け)は、独自ドメインでGMAILを無料で運用できるサービスなのです。
例えば、pcnikki@gmail.comがinfo@pcnikki.jpみたいにできちゃうサービスなのです!(←どちらも架空なので存在しません)

ドメイン取得業者から取得したドメインの、DNSのMXレコードを書き換えることが可能な業者の場合、このサービスが利用できます。
もちろん自前のDNSサーバーを持っていれば、もっと簡単に導入できるでしょう。

一般庶民(でなくても)であれば、ここと、ここと、ここで、非常にお安く独自ドメインのWEBサイト+GMAILを構築&運用できそうですね。

ちなみにVALUE-DOMAIN.COM(バリュードメイン) は、管理画面からMXレコードの書き換えができるようです。
そしてさくらインターネットのレンタルサーバーは、サブドメイン契約でも制限つきですが独自ドメインで運用可能です。
さらにGMAILは複数のアカウントを申請可能です!

ちょっと遊んでみようかな。


[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-11-04 09:31 | インターネット
ファイルサーバー死亡
HDDを交換&増設したばかりのファイルサーバーがエラーを大量に吐いて燃え尽きようとしています。
バックアップをとろうとしても途中でエラーでダメ。
買ったばかりのHDDが2台とも壊れるなんてそんな不幸な話があるでしょうか?いやそんなことはない、私はそんなに運が悪くないと心に言い聞かせます。
そこでエラーの内容をみると、どうもIDEのコントローラが臭い。IDEのコントローラじゃなくてもマザーボードが壊れているような気がしました。

a0003824_1101319.jpg
マザーがやられてはどうしようもないので、あっさりマシンを交換することにしました。代替機は2年前に中古で買ったNECのExpress5800に決定。(←また苦労するのでは?)
さすがにマザーを移植するのは億劫なのでそのまま利用することにしました。ベイが3つしかないのが難点ですが、どうせ電源容量もそこそこなので丁度いいくらいです。

a0003824_115294.jpg
ケースが小さいのでリムーバブルフレームを差すとケーブルで苦労しました。
しかし無事換装終了。
エラーが出まくっていた2台のHDDは全く問題なし。NTFSでフォーマットできました。
マザーがいかれてもHDD単体が壊れた場合とエラーが似ているので状況によってはHDDが壊れたと思うかもしれませんが、今回はHDDが新品だったせいもあり別のHDDを購入してマザーの異常を発見すると言う手順は踏まなくてよかったので、懐にダメージがなくてよかったです。

さてOSはCentOSで行こうと思いましたが、それだと面白くないのでWindows2003Standerd版にしました。
その心は?Windows2003上でVMWareを動かし、そのゲストOSであるCentOSでDNSサーバーやDHCPサーバーやメールサーバーを稼動させます。
ホストOSであるWindows2003にはファイルサーバーとして利用します。

我ながら変則的な利用ですが、将来のサーバーリプレースが楽になるのでこうしました。
Windows2003のインストールと設定はやりやすく、CentOSであるLinuxの設定をやり直すのは面倒です。
そこでCentOSをVMWareのゲストOSで運用すれば、ハードがリプレースされてもWindows2003にVMWareをインストールしてゲストOSのデータをコピーするだけで即稼動させられます。(←素敵・・・)
もちろんバックアップも楽にできます。

この構成が吉とでるか凶とでるか・・・それはお楽しみに♪


HDD交換
ファイルサーバー不調


[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-09-19 02:03 | 自宅マシン怒涛の記録
世界最高性能のインターネット用時刻同期サーバによる日本標準時配信の開始
ストロングな国産NTPサーバーが稼動したようですね。
是非是非利用させて頂きましょうか(^^。


世界最高性能のインターネット用時刻同期サーバによる日本標準時配信の開始
PCの時計合わせてる?


[PR]
by riye_tech_2004 | 2006-06-15 03:16 | インターネット